ブログ

【卒業生インタビュー】こんなにも熱い想いを持った仲間がいる環境は他にありませんでした

ごっちさん1

LFA卒業生インタビュー2016 第2弾!

こんなにも熱い想いを持った仲間がいる環境は他にありませんでした

卒業生インタビュー2016、お二人目は、山田蒼悟(やまだ そうご)さん。通称、ごっちさん。2011年〜2015年に、LFAで教師や拠点の責任者を経験し、現在はコンサルティング会社に勤めています。

 

ーLFAを知ったきっかけを教えてください。

尊敬する大学の先輩が選挙に出馬したので、半年間くらい選挙活動のお手伝いをしていたことがありました。すごい疲れたけど楽しくて、それをきっかけに成長意欲が湧いてきたんです。でも選挙活動は終わったし、どうしよう…と考えていたら、その先輩から「教育系のNPOをやっている人がいるから会ってみたら?」と当時のLFAの学生代表を紹介してもらいました。1時間くらいぶっ続けで、教育の問題やLFAがそれにどう立ち向かっているかについて話を聞きました。「なんだこの熱い人は」と思いましたが、面白そうだし、成長できそうだったので、やってみることにしました。

 

ー 元々教育に関心があったわけではなかったのですか。

はい。実際、面接を受ける時点では正直にいうと、教育に対する知識等は全くありませんでした。ただ、団体の熱さや何かしら成長できそうな雰囲気に惹かれて挑戦することに決めました。

教育に想いや関心をもったメンバーが集まっているなかで、私はかなり異質な存在だったと思います。

 

ーそんなごっちさんがなぜ、教育に興味を持ったのですか?

教師が授業をした結果、子どもが「わかった!できた!」と笑顔で言う瞬間を沢山見ることができたことが一番大きいです。自分がかかわるだけで、子どもってこんなに変わるのかと。

 

ー子どもと接するうえで気をつけていたことを教えてください。

子ども達は、自分の気持ちを全て口に出して伝えてくれるわけではありません。毎週、子ども達と接するなかで、いつもと違う様子や態度の変化など、子どもが発しているサインを見逃さないことがとても大切だと思っています。例えば、私が担当した子どもで、受験前に、私の反応をうかがうような、それまでとは違う言動をする子がいました。そういった変化に気づき、その子の話を聞き、受けとめる。つまり、子どもと向き合い、考え続けることを大切にしていました。

 

ーごっちさんはなぜ約3年もLFAに関わり続けたのですか?

何よりも楽しかったから。子どもの学力にも結果が出たし、最初は自分に自信がなかった生徒が、少しずつ変化していく姿を目の当たりにしました。それに、周りにこんなにも熱い想いを持った仲間がいる環境が他になかったんですよね。こういう人たちに囲まれて過ごすことが自分の成長にも繋がると思ったから、続けました。何回か辞めることも考えたけど、結局残ってしまうんですよね。私がめちゃくちゃ失敗した後も、そばにいる仲間が「次がんばろう」と励ましてくれたのが大きかったです。失敗した行動については改善を求められますが、私自身が否定されることはありませんでした。

ごっちさん2

ーLFAで経験したことで、社会に出てからも役立っていることはありますか?

「振り返り」と「フィードバック」の習慣は自分のものになったと思います。当たり前のように日々、自分の行動を振り返る癖が身に付きましたし、他者に対しても同様に行っています。それを伝えることがフィードバックですね。この2つは、どの組織でも使えることですし、私も一生使うんじゃないかなと思っています。

 

ー他者にフィードバックをするとき、どんなことに気をつけていますか?

人間は無意識に粗探しをしてしまいますから、私は常に良かったところを探すように意識しています。例えば仕事で誰かのプレゼンや資料を見たときも「この辺めっちゃいいですね」「こうしたらもっと良くなりそうですね」とフィードバックします。その人のよいところを見つけて、 「もっとこうすれば」という視点を伝えることでさらに伸ばすことができると思っています。もしかしたらすでに得意なところをより伸ばす方が個性が活きて、価値を生み出せるかもしれません。総合的に相手が伸びたら、それが成功だと思うんです。

 

私が今いる会社は「One Team」であることを大切にしています。全員がイチローである必要はない。互いにできないところを補って、総合的に80点を出したらいい。だからこそ、自分の強みが何で、どうやったら価値を発揮できるか考える。LFAも支援拠点ごとにチームを作るので、同じだと思います。

 

ーLFAの教師を迷っている方へのメッセージをお願いします。

迷うんだったらやればいい。迷っているということは、ちょっといいなと思ったということですから。ただし、プログラム中はやりきりましょう。ちゃんとやりきった人だけが見える景色があります。

 

==================

いかがでしたでしょうか。「面白そう、成長できそう」から始まったLFAでの活動がなぜ、ごっちさんの心を捉えたのか、伝わってきました。

次回の卒業生インタビューもどうぞご期待ください!

夏期プログラムの詳細・説明会申し込みはこちらから→http://j.mp/lfa-wanted

  • 【卒業生インタビュー】こんなにも熱い想いを持った仲間がいる環境は他にありませんでした はコメントを受け付けていません。
  • インタビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る