LFA通信

  1. 周囲に変容をもたらす学生教師

    LFAの学生教師

    こんにちは!LFA通信です。LFA通信では今回からLFAの活動に焦点をあてていきます。LFAの活動は第1回でもお伝えしたように、①実践、②人材育成、③発信・提言を3つの柱としています。①実践は具体的には学習支援や子どもの家といった活動を指します。

  2. 学校と学習支援

    学校と学習支援

    こんにちは!LFA通信です。今回は学校と学習支援の関係について考えていきます。これまでLFA通信では学習支援のみならず、公教育(学校)についても取り上げてきました(学習支援については第9回、第11回、第12回を、公教育・学校については第10回をご覧下さい)。

  3. 自分でできる!(加工済み)

    学びの場となる学習支援

    こんにちは!LFA通信です。今回のLFA通信ではLFAの学習支援で行われる”学習”に注目します。現在広がりを見せる学習支援事業ですが、その活動内容は様々です。

  4. 教師と子ども(加工済)

    なぜ学習支援は行われるのか

    こんにちは!LFA通信です。LFA通信ではこれまで、学習支援と学校現場、二つの教育実践の領域についてとりあげてきました。第9回のLFA通信では、学習支援は現在全国的に広がりをみせていることをお伝えしました。一方、事業として課題があることもわかりました。

    • なぜ学習支援は行われるのか はコメントを受け付けていません。
    • LFA通信
  5. 生徒を見送る学生教師

    学校と子どもの貧困

    こんにちは!LFA通信です。今回のLFA通信は”学習支援”から少し離れて、学校について取りあげます。前回もお伝えしたように、子どもの貧困対策において、教育が重要視されています。その中でも学校は子どもの貧困対策のプラットフォームとされています。   学校は、義務教育としてすべての人が通う場所です。

  6. 広がる学習支援(第9回)

    広がる学習支援

    こんにちは!第9回、LFA通信です。これまでLFA通信では「子どもの貧困」、「教育格差」、「教育保障」と、少し大きな教育のテーマを扱ってきました(詳しくは第3回~第8回を読んでみてください!)。

  7. 教育保障を考える

    教育はどこまでが当たり前なのか

    みなさん、こんにちは! 第8回LFA通信です。 今回は「教育保障」を扱います。「保障」とは、権利や自由、安全を守る、ということです。 今の日本では憲法や教育基本法、学校教育法といった法律の形で教育が保障されています。

    • 教育はどこまでが当たり前なのか はコメントを受け付けていません。
    • LFA通信
  8. lfa_logo_fin-001

    教育格差のある社会

    みなさんこんにちは! LFA通信では前回より「教育格差」をテーマに取り上げています。前回のLFA通信は、どれほどの教育格差がこの日本にあるのかをお伝えし、教育格差の背景に何があるのかを考えました。

  9. 学歴と年収

    学ぶことは当たり前ではないー日本にもある教育格差

    こんにちは!第6回LFA通信です。LFA通信では今回と次回、2回にわたって”教育格差”をテーマに取り上げます。この「教育格差」という言葉、実はLFAのロゴにも入っています。私たちLFAは「教育格差を終わらせる。」を掲げて活動しています。

    • 学ぶことは当たり前ではないー日本にもある教育格差 はコメントを受け付けていません。
    • LFA通信
  10. ひざを抱えるこども(まりこさんのお子さん)

    子どもの貧困を考えるー子どもの貧困はなぜ社会で解決しなければいけないのか

    こんにちは!LFA通信では、前回・前々回と”子どもの貧困”問題をとりあげています。前回の記事では、子どもの貧困の原因としてひとり親世帯の状況に注目しながら、社会構造に原因があることをお伝えしました。

    • 子どもの貧困を考えるー子どもの貧困はなぜ社会で解決しなければいけないのか はコメントを受け付けていません。
    • LFA通信
ページ上部へ戻る