お知らせ

Learning for All は独立して3年目に突入しました!

2015年4月に独立したLearning for All ですが、3年目に突入しました。
2016年度は皆様からのご支援があり、活動を拡大することが出来ました。
2017年度も職員、スタッフ、学生ボランティア一丸となって精進して参ります。
引き続き宜しくお願い致します!

<2016年度の総括>

■学習支援事業

生活保護受給世帯の子ども達を対象とした福祉連携拠点を年間通して2拠点実施、学校の中で学習支援を行う学校連携拠点を10拠点、計12拠点を運営しました。教師スタッフを合わせると年間のべ360名近くの学生ボランティアが現場を支え、子ども達に全力で向き合ってくれました。

2016年冬期プログラムにて支援した中学3年生61名全員、高校への進学を勝ち取りました。

■学習支援サポート事業

大阪にて学習支援についての講演、港区での学習支援員養成研修の受託など、これまでの学習支援事業で培ったノウハウを広げる活動を実施しました。

■新規事業(子どもの家事業)

国と日本財団が推進する「家庭でも学校でもない第3の居場所作り」の第1号拠点(埼玉県戸田市で)の運営を受託し、11月9日から運営を開始しました’。学習支援だけでなく、安心・安全な居場所づくりや食事提供、読み聞かせなど子どもへの包括的な支援を行いました。また、小学1年〜3年生といったより低年齢の子どもを対象とした支援を行っております。

■広報

LFAの活動の広がりを徐々にメディアでも取りあげていただけるようになりました。今年の1月には初めてNHKの全国放送で活動が紹介されました。ジャパンタイムズや読売新聞などでも大きく紙幅を割いて紹介してもらいました。こうした動向を踏まえ、より一層、社会に我々のビジョンやミッションを伝えるために、団体のロゴとタグラインも一新しました。「教育格差を終わらせる。」このタグラインを強く叫び続けます。

■事務局

常勤職員13名、業務委託・契約社員14名、インターン12名と39名の体制で2017年度を迎える事が出来ました。また、勤務体系の整備や職員の研修など社内体制の強化を進めました。

2017年も団体をサポートして頂く寄付者様、サポート企業・団体様、プロボノの皆様と一体になり、精進する所存でございます。

引き続き、ご支援のほどよろしくお願い申し致します。

 

2017年4月
特定非営利活動法人Learning for All

 

ページ上部へ戻る