スタッフ紹介

子どもには学びの翼を、教師には一生ものの経験を、LFAは日本に最高の学習支援を

 
代表理事 李 炯植
 
東京大学教育学部卒業。
自身の生まれ育った地域での原体験から教育格差・子どもの貧困に問題意識を持つ。
大学生当時、認定非営利活動法人Teach For Japanの1事業であったLearning for Allに参画し、
常勤職員として全国の学習支援事業の統括業務に従事。
その後、特定非営利活動法人Learning for Allを設立、同法人代表理事に就任。
 

教育に関心を持つ人を一人でも多く増やしたい

広報・資金調達
事業部長 石神 駿一 
 
明治大学政治経済学部を卒業後、株式会社電通にて4年半勤務。
メディアバイイング、メディア開発、企業のCIVI開発などを行う。将来の夢は高校を作ること。
Learning for Allでは広報・コミュニケーション領域を担当。
関わる全ての人が気づきを得ることが出来て、学びを得られるような団体を目指す。
Learning for Allの広報や活動を通して、教育に関心を持つ人を一人でも多く増やしたい。

社会を変えるために、自分を変え続ける

プログラム開発部
マネージャー 入澤 充
トロント大学オンタリオ教育研究所修士(MEd)。
大学生当時、認定非営利活動法人Teach For Japanの1事業だったLearning for Allに参画し、
非常勤職員としてLearning for Allのプログラム開発に従事。 大学卒業後、プレイワーカー
として子どもの遊び場の管理運営に携わった後、トロント大学オンタリオ教育研究所に2年間留学。
留学先では社会正義教育について研究する。この度、留学を終えてLFAに復帰。
LFAの活動を通じて、不平等を再生産するこの社会の構造を少しでも変えていきたい。
 

困難を抱える子どもたちへの理解とアクションが広がる社会に

事務局
マネージャー 栗本 恵理
 
大阪外国語大学外国語学部卒業。
採用担当や秘書としてキャリアを積む傍ら、ボランティアで学生のキャリアカウンセリングに従事。
日立製作所、Teach For Japan等を経て、2016年6月よりLearning for Allにて学生採用を担当。
日本にも厳しい状況におかれている子どもたちがたくさんいる。この現実を1人でも多くの方に知ってもらい、
課題解決に向けた一歩を踏み出してくれる人を増やしたいと考える。
 

困難を抱えた子どもを一人でも多く、信頼できる大人と場につなげたい

子どもの家事業部
子どもの家拠点マネージャー 平川 ちひろ
 
日本社会事業大学社会福祉学博士課程前期修了。
新卒で金融に就職したのち、スクールソーシャルワークを学ぶため大学院へ転入。大学院卒業後、NPOの支援を
行う中間支援組織の全国組織、日本NPOセンターに入職。企画部門にて企業や行政とのパートナーシップを推進
する事業に従事する。2016年5月よりLearning for Allで、子どもの家の拠点マネージャーを務める。
今までの経験から、その人にとって”信頼できる人や場所の存在”との出逢い、”ゆるやかでいい””心地よい人や場”
とのつながりがその人を支える基盤になると考えている。子どものSOSを早期にキャッチし、”信頼できる人や
場”につながる仕組みをつくりたい。

人の人生に関わる幸せを

子どもの家事業部
子どもの家拠点マネージャー 井上 優未
 
中央大学総合政策学部卒業。
株式会社公文教育研究会にて、教室の立ち上げや運営を担い、3歳から高校生までの子どもたちに数学・算数、
英語、国語の指導を行う。2016年3月よりLearning for Allで、子どもの家の拠点マネージャーを務める。
私が子どもたちに関わり続ける1番の理由は、彼らが困難を抱えているからではなく、子どもたちが教えてくれた
「人の人生に深く関わる幸せ」があるからである。子どもたち自身も将来、誰かに対してその幸せを感じられる
ような社会を作りたい。
 

すべての人が自分の可能性を信じて生きられる社会に

学習支援事業部
学習支援の教室責任者 多田 理紗
 
同志社大学経済学部卒業。
大学生当時、経済格差がもたらす教育格差に疑問を持ちLearning for All関西に参画。
広報人事、研修統括、事務局長と幅広く従事。大学卒業後、IT企業を経てLFAに復帰。
生まれた環境にかかわらず、誰もが幅広い選択肢から自分で自分の道を選択し自信をもって生きられる
社会にしたい。そのために”自分を信じ期待をかけてくれる大人との出会い” “できなかったことが
できるようになる経験” を、LFAを通じて少しでも多くの子どもに届けていきたい。
 

子どもたちの最後の砦をつくる

 学習支援事業部
学習支援の教室責任者 市川 はるひ
 
慶應義塾大学に在学時から学習支援事業に関わり、現在は職員として学習支援事業に従事。
ひとりひとりの子どもたちを取り巻く環境に合わせて、それぞれに最適な支援を届けられる団体でありたい。
目の前の子どもへの支援を通して、その背後にいる155万人の子どもたちにもアプローチし続けたいと思っている。
 
 

問題を憂うだけでなく、解決のための一歩を踏み出せる強さを

事務局
人事 井上 真梨子
 
早稲田大学第一文学部卒業。
新卒で人材・組織開発支援を行うベンチャー企業に就職。企業の人材育成や組織変革のプロジェクトに従事。
自身の出産をきっかけに、子育て分野における社会問題解決を行うNPO法人フローレンスに参画。人事部門の
実務責任者を担当。社外向けの講演活動も兼任。2016年よりLFAのボランティア採用担当に着任。
LFAに携わった学生が、ここでの経験をもとに自らの問題意識を行動にうつし、社会に影響を与えられるような
人材に成長することを願う。
 

将来を一緒に考えてくれる「人との出会い」、「努力できる場」を創造し続ける

  スクリーンショット 2017-05-19 17.42.23プログラム開発部 梅津 麻理子

早稲田大学教育学部卒業。
新卒で株式会社東京個別指導学院に就職し、教室長として多くの子どもや大学生の成長をサポート。
管理部門の経験を経て、2017年4月より、Learning for All にて新規事業の立ち上げ等を担当。
環境に左右されず、誰もが自分のやりたいことを選択し、前向きに行動・努力している社会にしたい。
そのために、将来の選択肢を広げ、一緒に考えてくれる「人との出会い」、達成に向け「努力ができる場」を創造し続けたい。

 


子どもの声を社会に届ける

 

スクリーンショット 2017-05-19 17.38.25子どもの家事業部 矢野 勇樹

青山学院大学国際政治経済学部卒業。
大学生当時、2年間Learning for All で、学生教師、スタッフを歴任。
卒業後、NPO法人あそびっこネットワークで、プレイワーカーとして2年半勤務。
地域住民と協力しながら、乳幼児~中高生まで幅広い年代の子どもの遊び場づくり活動を推進。
2017年4月より、子どもの家事業、拠点マネージャーとして勤務。LFAの活動を通じて、子どもたちが、未熟な存在としてではなく、「一人の人として」尊重される社会づくりに貢献したい。 

日本中の子どもたちの全ての可能性を信じて

 
スクリーンショット 2017-05-19 17.42.42広報・資金調達部 長島 和奏
 
お茶の水女子大学文教育学部卒業。
在学時はボランティアサークルに所属。のちに教育系NPOの立ち上げに携わる。3年次の留学をきっかけに、日本のファンを世界中に作りたいという思いから、新卒で旅行会社に就職、訪日外国人向けの旅行企画やアテンド業務を経験する。
2017年4月よりLearning for All に入職。課題意識を持ち、一歩踏み出そうとする学生の後押しがしたい。そしてその学生と関わった子どもの生まれ持った可能性が広がり、自発的に未来を切り開いていくことができる社会作りの手助けができればと考える。

 


当たり前になっている格差をなくしていきたい

スクリーンショット 2017-05-26 22.18.30

 代表室 藤原 葵
 
東京大学教養学部4年生。
格差や差別への関心から、文化人類学を専攻している。
2016年冬に教師ボランティアとしてLearning for All に参加し、子どもの貧困への問題意識を強く持つ。現
在は代表室インターンとして、これからのLearning for all のあるべき姿について考えている。
学習支援を始め、日本の社会の今を考え直すきっかけを与えらていきたいと考えている。
 
 

全ての子どもに素敵な教師と出会ってほしい

 プログラム開発部 栗原 和樹
 
一橋大学大学院1年。
自身の過去の経験から教師を志し、大学1年時よりLearning for All に参加。
その後1年間現場管理者を務め、2014年度より非常勤職員として研修統括を担当。
すべての子どもたちに最適な学びを提供すること、
またそういったことができる教師が子どもたちと向き合う場を、全国に広げていきたいと考える。
 
  
 

すべての人がその人らしく生きられる社会を

スクリーンショット 2017-05-26 21.43.58

 プログラム開発部 福田 良
 
東京大学法学部卒業、一橋大学法学研究科2年。
大学在学時から学習支援事業に関わる。
広報部、教師や現場責任者を経て、現在はプログラム開発部に関与。
受験用教材などの作成を担当。子どもも大人も関係なく、すべての人がその人らしく生きられる社会を作っていきたい。
 
 

社会課題を語り合える世の中に

スクリーンショット 2017-05-26 22.14.04

広報・資金調達部 笹澤 恵

東京大学大学院教育学研究科2年。
卒業論文のテーマとして学習支援を扱い、大学院入学後Learning for All に参加。
昨年度は学習支援事業のサポート事業に携わり、今年度より広報・資金調達部に所属。
情報発信を通じて団体の考えを知ってもらい、社会課題解決への一歩をともに歩んでいきたい。
 

 

 


子どもにも教師にも一生ものの経験を

スクリーンショット 2017-05-26 21.42.47

広報・資金調達部 木田 茄菜絵

東京大学教養学部4年。 大学2年時よりLearning for All に参加。
現場責任者として活動する中で、生徒の成長とともに大学生教師の成長に魅力を感じる。
2017年5月より広報・資金調達部でインターンとして学生採用に従事。
教育格差という社会課題に立ち向かおうとしてくれる学生教師に、一生ものの経験を届ける手助けをしたいと考える。
 

 


社会課題の存在に気づき、考える機会を提供したい

スクリーンショット 2017-05-26 21.44.56

広報・資金調達部 佐々木 春希

東京大学文学部歴史文化学科4年。
高校へ進学することが当たり前でない家庭環境で育った自分と、
大学へ進学することが当たり前の環境で育った多くの東大生との相違から教育格差の存在に気づく。
Learning for All では、2016年度冬プログラムで学生教師を経験。
2017年3月より、インターンとして説明会の運営等に携わる。
広報活動を通じて、教育格差の存在を知り、実際にその解決に向けて行動する大学生を増やしたい。

 


子どもたちの「今」と「未来」の笑顔のために

スクリーンショット 2017-05-26 21.55.57
 広報・資金調達部 久保田 徹朗
 
東京学芸大学教育学部3年。
2016年度夏期プログラムから、冬期プログラムまで学生教師を経験。
2017年度からは広報・資金調達部でイベント企画や学生採用業務を務める。
LFAを通じて、1人でも多くの社会課題への当事者を増やしたい。
そして、1人でも多くの子どもたちの「今」と「未来」の笑顔を保証する社会の実現したいと考える。
 
 

現場を知った1人として、自分が関われる課題を解決する動きに寄与したい。

 
スクリーンショット 2017-05-26 21.46.52
 学習支援事業部 池田 流輝
 
早稲田大学教育学部。
2015年1月から学生教師として関わり、以降葛飾区や墨田区の拠点でスタッフを務める。
子どもたちが自分なりの目標を見つけ、自ら行動できるようになれる拠点をつくりたい。
 
 
 
 

子ども達の可能性を最大限に

スクリーンショット 2017-05-26 21.45.57 学習支援事業部 宇地原 栄斗
 
沖縄県出身。東京大学教育学部基礎教育学科3年。
地元での原体験から教育格差や子どもの貧困に興味を持つようになり、上京と同時に格差の解消のために行動したいと考える。
Learning for All では2016年から1年間、学生教師を務め、現場責任者となる。
Learning for All の活動を沖縄にまで届けること、子ども達が自分の可能性を最大限に活かせるような社会を目指している。
 
 
 


すべての人の変わりたいという気持ちのために

スクリーンショット 2017-05-26 22.41.44
 学習支援事業部 木村 駿
 
東京大学公共政策大学院。
2016年1月より学生教師として参加、以降スタッフ・教師として葛飾区・墨田区のプログラムに従事。
「すべての人が変わりたいと思っている」という確信から、関わるすべての人が、大きな壁を乗り越え、
変わった経験をできるようにしたい。
加えて、社会課題を他人事でなくジブンゴトとしてとらえる人を増やしたいと考える。
 
 

 


学校からあぶれる子どもたちを、一人でも多く減らしたい。

スクリーンショット 2017-05-31 22.38.09 学習支援事業部 鶴田 弓子
 
東京学芸大学3年時より、Learning for All で教師を始める。
学校教員を目指しながら、学校からあぶれる子どもたちを一人でも減らしたいと考え、活動をしている。
Learning for All に来るすべての子どもたちの「本当の幸せ」、「学校の中で幸せに生活できる力」を届けていきたい。
 

 

 
 
 
 
 

LFAサポーター募集中!

support

Learning for All では、活動を支えて頂けるサポーターを募集しております。
月々1,000円からのご支援で、さまざまな困難を抱える子どもたちに、継続的な学習支援が届けられます。
1,000円の寄付で、子ども1人に1時間の学習支援が届けられます。
皆さまのご支援が、子どもたちの学習機会の拡大につながります。
皆さまのご寄付が、一人ひとりの子どもたちの未来を作っていきます。
ぜひ、子どもたちの未来を一緒に応援してください。

▶︎LFAサポーター登録についての詳細はこちら
kuwashiku_on

lfa_logo_fin-001

ページ上部へ戻る