「ひとりの生徒のために、みんなで成長できる場所」

原田祥子/立教大学

learning_for_all_illust_0513_2-11教師という立場を経験したかったからです。教育に興味を持ったのは、小学生の時、部活動を通して「努力とは何か」を教えてくれた恩師に出会ったことがきっかけです。「生徒が自分の良さや強みに気づけるような機会を増やしたい」と考えていた私は、教師ではない立場から教育に関わる道を模索する中で、LFAに出会いました。生徒自身の考えを大切にし、そこから指導設計を行う「単なる学習支援ではない」ところが自分の想いと一致すると感じました。また、当事者として現場の課題解決に携われることも面白そうだったので、参加を決めました。

 

learning_for_all_illust_0513_2-10仲間がいればどこまでも頑張れるということです。LFAでは、自分ではない誰かのために、自分の弱さに向き合い、勝つことが求められます。これはやってみると大変で、やめちゃおうと考えたこともあります。でも続けられているのは、みんながいるからです。LFAでは、教師もスタッフも職員も、立場関係なくひとりの生徒のことを考えているし、「その生徒について考えるひとり」のことを考えています。自分がいる意味を感じられないときに、いる意味を考える手助けをしてくれるような素敵な人に出会えます。ひとりの生徒の成長を、自分のことのように喜べる仲間に出会えました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る