課題と向き合う場所

栗原和樹/東京学芸大学

learning_for_all_illust_0513_2-11自身の過去の経験から教師を志していました。そして、大学に入った時に教育に対する周りの温度差を感じてモヤモヤしたまま学生生活を過ごしていました。その時に、偶然本屋でLFAのことについて言及されている本に出会い説明会へ参加しました。説明会では、「すべての子どもが良く生きたい」というフレーズがとても胸に刺さりました。それは自身の過去の経験もそうですし、出会ってきた子どもたちのことが思い起こされたのだと思います。そのフレーズを聞いて参加を決めました。

learning_for_all_illust_0513_2-10

子どもの可能性を本気で心から信じる姿とそれにより少しずつ成長していく子どもたちの姿に感動しました。また、「子どもの前に教師として立つ」という当たり前に聞こえることの難しさと責任を痛感しました。そういった臨場感で子どもと接し、目の前の子どものことを考え続ける経験は大学生にとって物凄く意味のある経験だとも思います。より多くの大学生がそういった経験をしてほしいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る