他人の人生に寄り添う経験

根本昌輝/慶応義塾大学

learning_for_all_illust_0513_2-11小さい頃から、漠然と貧困や不平等といった言葉に関心がありました。大学の授業で教育格差という社会課題を知り、教育を通してこれらの問題を解決できないかと考えていた矢先に見つけたのがこの団体でした。教育格差に関する知識もほとんど無い状態でしたが、まずは現場を知りたいと思い、参加することを決めました。

learning_for_all_illust_0513_2-10

子どもたちと接する上で私が気をつけていたことは、彼らを“可哀想な存在”とみなすのではなく、あくまで目の前にいる1人の中学生という、ありのままの“事実”に寄り添うということでした。彼らの目線で考え、彼らの感情に寄り添うことで、あたかも自分の人生かのように「この人生をより良くしたい」と感じました。自分以外の人生を追体験し、皆がより良く生きられる社会を創っていきたいと思えたことは、私にとって非常に貴重な経験でした。今後も様々な形で教育格差に関わっていくつもりですが、ここでの活動が私にとっての原動力であり続けるのだろうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る