社会課題の当事者としての原点

井上泰孝/同志社大学

learning_for_all_illust_0513_2-11大学2年生の頃に、漠然と教育やソーシャルビジネスに関心は持っていたものの塾でアルバイトをする以外には特に深く考えることもなく毎日を過ごしていました。そんなときに偶然、Learning for Allで教師の募集をしていることを知り、子どもたちがどんな状況に置かれているのかを実際に肌で感じてみたいと思い、参加しようと考えました。

 

learning_for_all_illust_0513_2-10漠然とした興味で参加し、必死に授業をする毎日でしたが、「子どもたちのために最高の授業をしたい」と思い、授業をしているうちに子どもの成長とともに自分自身が結果的に成長していることも感じることができました。また、教師として子どもたちと関わるなかで、子どもたちが抱える課題の大きさや背景にあるシステムの複雑さを目の当たりにし、「この課題をなんとしても解決したい」と心の底から思えるようになりました。今となっては、私が教師として子どもたちと一緒に学んだ時間やプログラムでの経験は、「より良い社会を創りたい」という思いの源泉であり、私の人生を変えた最も大切な原点になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る