笑顔と結果の先にある「笑顔」

高橋由衣/早稲田大学(卒)

learning_for_all_illust_0513_2-11端的に言うと、子どもの自信のなさに疑問を抱いていたからです。マレーシアの孤児院で働いていたことがあったのですが、その時に出会った子どもたちが非常に自分に対して自己肯定感が低い子たちばかりでした。帰国してから、日本の子どもたちにも同じように自信がないことに気づき、これは問題なのではと思いました。LFAでは、勉強の1つ1つの「できた!」から自信を付けられ、さらに学習ができれば将来その子どもが歩める道も変わってくる。そんなモデルに惹かれて参加を決意しました。

learning_for_all_illust_0513_2-10

LFAに参加して、まずは自分が子どもを信じる第一人者になることが、彼彼女たちの自信に大きく関わるのだと強く感じました。綱渡りをするとき、命綱があるのとないのでは、挑戦しようと思うかどうかの結果が全く違います。それと同じように、自分を信じてくれるひとがいるのといないのでは、勉強でチャレンジしようと思えるかどうか、躓いても次につなげようとできるかできないかに大きく差が出ると考えています。学習支援だからこそ、LFAだからこそ、この笑顔と結果の先にある「笑顔」を大事にして、今後も活動していきたいと考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る