【学生スタッフインタビュー】LFAの活動を通して、同世代の仲間と刺激し合える経験を得ることができたと思う

インタビュー・コラム
安間さん_アイキャッチ画像

皆さんこんばんは、学生採用インターンの坂佐井です。今回は2020年春プログラムから、学習支援拠点と居場所支援拠点でボランティアスタッフとして参加した安間そらさんにインタビューを行いました。LFAに参加したことで、「物事を様々な目線で考えるようになった」と語る安間さんの声をお聞きください。

LFAに参加した理由を教えてください

もともと、子どもの支援というものに興味がありました。大学生になって入った子どもと関わるサークルや、大学の講義を通して、日本の教育・福祉の現場で貧困が大きな問題になっている現状を知り、何かいまの私にできることはないかと考えていました。その時に、「子どもの貧困」に焦点を当て、子ども支援をしているLFAを知り、ぜひ参加してみたいと思い、参加を決めました!

LFAと並行して行っていた他の活動と

どのように両立されていたのか教えてください

私はインカレサークルを並行して活動していました。LFAでは、自分の生活を充実させながら参加できたので、別の活動にも時間を割くことができました。また、メンターの方などと話し合いながら、自分の確保できる時間や、時間内でできる指導準備などをきちんと考えることができたので、他の活動も行うことができたと思います。

LFAに参加する前と後で一番変わったのはどのようなところだと思いますか?

物事を様々な目線で考えるようになったところだと思います。

担当した子どもはもちろん、プログラムで一緒に活動したスタッフや教師の方とたくさん話す機会があり、その度にそれぞれの考え方や意見を共有しました。そこで、自分では考えつかないような意見が出たり、正反対の考えが出たりと刺激になりました。

また、同じ大学生にも関わらず指導歴が長く教育についての知識が豊富な方や、現場管理スタッフを務めている方など色んな方と話す機会があったことで、自分の知らない考え方や見方を発見できたので勉強にもなりました。

このように、色々な立場の人と多様な意見を交わしたことで、自分自身が1つの物事を考える時も様々な目線で深く考えられるようになったと思います。

担当していた子どもはどのような子どもでしたか?

居場所支援で担当していたのは、小学5年生の女の子です。とても明るく元気な子ですが、はじめは少し緊張しているようでした。勉強熱心な女の子でしたが、集中力が切れやすく、すぐにお喋りを始めたり授業を終わらせたがる点を課題に感じていました。

また、2020年の秋と冬の学習支援プログラムでは、小学5年生の男の子をオンライン授業で担当していました。恥ずかしがり屋で、よく画面をオフにしていましたが、好きなアニメやゲームの話になると積極的に話してくれました。勉強は苦手なようですが、好きな単元に関しては勉強意欲があったと思います。しかし、たまに「もうプログラムに参加しない!」という発言が見られることもあり、基本的に勉強に対して「面倒だ」という姿勢を抱えていたように思います。

彼らの課題についてどのような打ち手を取りましたか?

まず、春プログラムに担当した生徒に対しては、話を丁寧に聞くと授業が進まなくなってしまうので、「授業が終わったら、思う存分お喋りをしよう!」という声掛けを行いました。また、「あと何問で授業が終わるよ」ということを伝え、ゴールを明確にするようにしました。

秋・冬プログラムで担当した生徒に対しては、プログラムに来てもらうことが第一だったので、子どもが好きなアニメやゲームのキャラクターをモチーフにした、子どもが興味を持つような教材を作成しました。また、次回も来てもらえるようにするために、お互いにおススメのアニメなどを共有し、「それを見て次回、感想を言い合えるようにしよう!」というような楽しい宿題を出しました。

安間さんコメント)工夫した点としては、キャラクターの吹き出しはそのキャラクターの口調を意識して記載してみたり、あと何単元で終わるのかというのを細かく提示してゲームをクリアしていくような感覚を持てるようにしました!

LFA内で出会った子どもとの思い出エピソードを教えてください

小学5年生の女の子(前述の女の子)と好きなキャラクターの話をしたことです。私が好きだと言っていたキャラクターをずっと覚えてくれていて、そのキャラクターが印刷されたお菓子をプレゼントしてくれたことがあります。「先生、このキャラクター好きだって言ってたでしょ?このお菓子見た時に、先生にあげなきゃと思って、誰にも取られないようにすぐに取って持ってきたの!!」と楽しそうに話してくれてとても嬉しかったです。

私がその場にいないのにも関わらず、私のことを思い出して私のために行動してくれたと思うと、ただのお菓子でもとても大切な物に思えましたし、この子と接することで、この子にとって楽しい時間、安心できる空間を少しでも提供することができているのではないかと感じることができました。!

居場所支援の子どもと接する中で特に印象に残っていた子がいればどんな子がいましたか?

印象的だったことは、子どもから、「先生たちにしか(私ともう一人のその子を担当している教師)言ってない内緒のことだよ!」と秘密を教えてくれたことです。秘密のお話だったので、内容は伏せますが、その子が秘密を教えてくれるまで心を開いてくれたことはとても嬉しかったです。

学習支援拠点と居場所支援拠点、それぞれのプログラムで感じ方に何か違いがあれば教えてください。

学習支援拠点と居場所支援拠点では、教師・スタッフと子どもの距離感が少し異なっていたように感じました。

居場所支援拠点では、子どもに学習サポートを行うと同時に、子どもとの会話を多くしたり、子どものやりたいことをできる限り行ったりしているため教師・スタッフとの距離がとても近いと感じます。

例えば、私を含め居場所支援のスタッフは学習を始める前に、その日学校であったことや家であったことなどをしっかりと聞くようにしていると思います。

私は、担当している子どもと前回話したことの続きを話したり(読んでいた本の話やおススメのYouTubeが多いです!)髪型がいつもと違ったら触れてみたり、可愛いと思った服を「可愛い!!」と言ってみたり、友達らしい会話を自然としていると思います!学習が終わったらご褒美として、お互いのおススメのアニメやYouTubeを一緒に見るということをしています。

また、私が担当している子ではありませんが、「ゲーム大会がしたい!」という子どもからの要望があれば、子ども・スタッフ総出でゲーム機を持ってきてみんなでゲーム大戦を行ったりもしています。ゲーム大会は教師スタッフも子どもも関係なしのトーナメント制で行いました!

他にも、教師に段ボールを持ってきてもらい、何週間もかけて段ボールで工作をしている子もいました。そのように、子どものやりたいことに耳を傾け、できる限りやりたいことを実現できるようにしていると思います。

しかし、学習支援拠点は「学習支援」と言っているだけあって、学習にかなり力が入っていると感じました。子ども1人1人を丁寧に分析し、課題を出し、その課題を解決するために取り組んでいると感じました。

このように、どちらの拠点でも教師・スタッフが子ども1人1人のことを真剣に考え、しっかりと向き合っていることに違いはないと思います。

最後に、参加を迷っている学生に一言お願いします!

LFAでは、子どもと真剣に関わるのはもちろん、同世代の仲間と刺激し合える場所だと思います。子ども1人1人と真剣に向き合い、同世代の仲間と自分の将来のことを話したり、子どもとの接し方について考えたり、社会問題について目を向けてみたりと様々なことを共有しながら過ごすことのできるLFAは、自分にとって必ず良い経験になると感じます。

参加してみて損することは無い!と断言できるので、少しでも興味があるなら参加するべきです!

 

■社会課題に挑む、学生ボランティア・インターン募集中!
Learning for All では学習支援居場所支援の2つのプログラムで参加学生を募集中です。プログラムへの関わり方もボランティアとインターンの2種類ご用意しています。
まずは以下の画像から、子どもの貧困やLFAの事業内容・プログラムについて説明した動画をご覧ください。

■参加を迷っている学生向けのLINE@やってます!
説明会日程やブログ更新の情報配信のほか、プログラム参加に関する個別相談も対応しております。

■マンスリーサポーター募集中!
Learning for All ではサポーターを募集しております。
1,000円の寄付で子ども1人に1時間の学習支援が届けられます。
皆さまのご支援が、子どもたちの学習機会の拡大につながります。
皆さまのご寄付は、一人ひとりの子どもたちの未来を作っていきます。
ぜひ、子どもたちの未来を一緒に応援してください。