HOME > トピックス > 活動レポート > 8月の全職員ミーティングを行いました!

お知らせ

TOPICS

8月の全職員ミーティングを行いました!

2018.8.10

Learning for Allでは、毎月1回、全職員・インターンが一同に会する全職員ミーティングを実施しています。毎回2時間かけて実施するこのミーティングには、25名程度のスタッフが集合します。前半は代表理事李から全社の最新の動向に関する進捗共有、各事業部マネージャーから事業部の進捗共有などがあり、後半は毎回様々なテーマに基づき全職員での勉強会を実施しています。

8月の今回は、「学習する組織」をテーマに勉強会が開かれました。

LFAは、ピーター・M・センゲが提唱する「学習する組織」を体現することを目指しており、職員は全員、入職時に課題図書として彼が執筆した『学習する組織』を読んでいます。
(学習する組織とは、多様なメンバーがそれぞれ学び合い「目的を達成する能力を効果的に伸ばし続ける組織」のことです。)

困難を抱える子どもたちにより良い支援を届けていくためには、子どもに寄り添う現場を持っているからこそ得られる「実践の学び」と、学問から得られる「理論の学び」の両輪を回し、組織全体で学習していく必要があります。

今月の勉強会では、冒頭で李から、すでにLFA内に浸透している「学習する組織」の考え方について改めて復習する内容が共有され、そのあとに学習支援の現場でも使っているe-learningの動画から「学習する組織のリーダーシップ」を学びました。そして最後に、個々人が「学習するリーダー」であるための目標設定をしました。

「学習するリーダー」として個人個人がどうあるべきかを学ぶことで、個人として、それぞれの部署(チーム)として、どういう方向で進んでいくか、どういう姿勢を持つべきかを改めて明確にし、これまでの行動を振り返ることもできました。

今回の講義とワークを通してスタッフが改めて今月の目標に設定したことや、これまでの自分を振り返った内容の一例をご紹介します。

「定着させたい文化をスタッフが言えるようになっていることが今月の目標。スタッフ一人一人について、 文化を体現している・ 文化を体現した行動を日々の振り返りを書いている・文化を体現した行動が賞賛されていることが1週間に1回以上ある、ことを目指す。」

「これまでは他人から学ぶ、学びを止めない、的なイメージが強かったし忘れている部分が多かったが、まず私自身が学習するリーダーでなければならないと改めて実感した。ネクストアクションとして、目標を持つ、アクションをわかるところに書いておく。」

また勉強会後には、LFAの文化である「賞賛シート」を用いて、職員同士の「ここが良かった!」「こうすればもっと良くなる!」点を賞賛しあい、全員で勉強会のリフレクションを行いました。

一人一人がリーダーシップをもち、「学習するリーダー」となることで組織としての成長を目指していきます!


■社会人向け活動説明会開催中!
Learning for All では月に4回、メディアの情報だけではわからない「子どもの貧困」の実態やLFAの活動について紹介するイベントを開催してます。子どもたちの明るい未来を支えるため、私たちに「今、できること」を一緒に考えましょう。

 

■学生ボランティア教師募集中!
Learning for All では現在、秋期プログラムの学生ボランティア、スタッフを募集しています。まずは採用説明会にお越しください。プログラムの詳細及び、説明会予約は以下よりご覧ください。

関連記事

2018.12.12

【サポーター企業インタビュー】企業とNPOの理想的な連携のあり方とは?

2018.12.11

『「社会を変える」最前線に迫る~教育格差を終わらせる~』LFA活動説明会【限定15名:12月16日(日)】

2018.12.11

【秋期拠点レポート第二弾!】子どもたち自身に成長を実感してほしい