HOME > トピックス > 活動レポート > 「オラクル子ども食堂 2019冬」に参加させていただきました

お知らせ

TOPICS

「オラクル子ども食堂 2019冬」に参加させていただきました

2020.1.23

2019年12月16日、学生ボランティア研修の会場提供などでもお世話になっている日本オラクル株式会社様の社員食堂で開催された「オラクル子ども食堂」に、Learning for All (以下、LFA)の学習支援・居場所支援や、NPO法人レインボーリボン様が葛飾区で運営している子ども食堂に参加する子ども、合わせて約40名程が参加させていただきました。

 見晴らしの良いオラクル様の食堂にて、まずはお昼ご飯の前にサンクス・カード作りをしました。オラクルの皆さまに準備いただいたカードやアイテムを使って、カードに飾りつけをし、大事な人への感謝の気持ちを書きました。

その後、スパゲッティやカレーなどたくさんのメニューの中から好きなものを自分で選び、ボランティアとして集まってくださったオラクルの皆さまと昼食を一緒にしました。
食後にはオラクルの皆さまが社員や社外の方々に声をかけて集めてくださったプレゼントをいただき、会場には終始子どもたちの笑顔や笑い声が溢れていました。
そしてプレゼントには子どもたちへの温かいメッセージも添えてあり、プレゼントをくださった方々の思いが伝わってきました。

 昼食後はオラクルの皆さまに挨拶をし、近くにある「TEPIA(テピア)」という実際にロボットや、最新の技術に触れることの出来る施設へ行きました。ここでは施設見学のほか、実際に自分たちでプログラミングをしてロボットを動かす体験なども行い、貴重な機会に子どもたちも夢中で取り組んでいました。

オラクルの皆さま、お忙しいところ子どもたちのために今回も「オラクル子ども食堂」を開催いただきありがとうございました。
事前の準備から、当日まで色々と細かい配慮をいただき子どもたちにとって、素敵な冬休みの思い出になりました。

オラクル様には、夏と冬年2回の「オラクル子ども食堂」開催だけでなく、ご寄付、冒頭にも記載した年10回以上の研修会場提供など、多大なご支援をいただいております。
これからも「子どもの貧困に、本質的解決を。」というミッションに取り組むパートナーとしてどうぞよろしくお願いいたします。

  LFAは「子どもの貧困」をテーマとした講演会やワークショップを、企業などに赴き積極的行っております。「子どもの貧困」って具体的にどういう課題なのかわからない、LFAが行っている支援の現場を見てみたい、実際に子どもたちと接している人たちから現場の声を聞いてみたい、などの要望や興味がありましたらぜひお問い合わせください。

■お問い合わせはこちら https://learningforall.or.jp/contact/

これからも、Learning for All は、皆さまと一緒に子どもの貧困を解決していきます。

関連記事

2020.2.25

新型コロナウイルスの流行に伴う、団体対応方針について

2020.2.21

「新世代社会企業論〜社会的事業が1億規模に到るまでpart2.5〜」に代表の李が登壇しました

2020.2.19

ピアボーナスで寄付が出来る新しい取組「SDGsプラン」支援先にLearning for All が選ばれました