HOME > トピックス > 活動レポート > 【活動報告】学習支援春期プログラムのStep up研修を行いました!

お知らせ

TOPICS

【活動報告】学習支援春期プログラムのStep up研修を行いました!

2020.6.15

皆さんこんばんは。学生採用インターンのみゆです!

関東では先日梅雨入りしたそうで、最近雨の日が続いていますね。

サポーターの皆様、アラムナイの皆様、学生ボランティアの皆様、いかがお過ごしですか。

Learning for All(以下LFA)では現在春期学習支援プログラムを実施しています。

6月14日(日)、春期プログラムのStep up研修を実施しました。

なお、今回もコロナウイルス感染拡大防止のため、Zoomを使用したオンライン研修という形で実施いたしました。

各拠点から大学も参加理由もさまざまな約70名のボランティア教師が一堂に会しました。

 

オンライン上で拠点ごとのグループに分かれての時間や、全体で研修を受ける時間など、研修の構成もオフライン時とほぼ変わらない内容で進めることができました。

今回の研修では、子どもの貧困について学び、今現場で見ている子どもたちにプログラム期間でどんな成長を届けることができるのか考えました。この研修を通して、学生ボランティア達は「子ども達に対してどんな関わりができるのか」ということを改めて深く考えました

「コロナの状況下でどのような支援が自分にできるのか。」

そんな不安を抱きつつも、挑戦を決意し子どもと関わり始めたボランティア教師達。

子どもと対話し、指導する中で、新たな視点や考えを得ているようです。

LFAの学習支援拠点はただ学習指導を行うだけではありません。

学生ボランティア自身も成長できるのが大きな特徴です。

 

そして教師の成長を支えているのが教室運営スタッフ(インターン)の存在です。

スタッフは、指導準備のサポート、指導当日の様子を見て教師にフィードバック、拠点の全体管理等を担っており、学生ボランティアと同じ大学生です。

スタッフも以前は学生ボランティアを経験しています。

学生の皆さんはボランティアだけでなく、バイトや授業など頑張りたいことは他にもたくさんあると思います。そのような背景をしっかり理解し、寄り添ってくれる存在があることは、学生ボランティアにとっては非常に心強いようです。

 

感染拡大予防のため、自粛を強いられ不自由を感じている方も多いのではないかと思います。

しかしその一方で、支援を必要とする小中学生の子どもたちも休校を余儀なくされ、学校に行けずにいました。そして、特に居場所支援拠点において支援を必要とするような子どもたちにとっては、今の状況は大変厳しいものとなっています。

今こそ、学生ボランティアのみなさんの存在は必要不可欠です。そしてみなさんにとっても、この状況が社会にどのような影響を与えているのかを子どもたちへの支援を通して実際に学ぶことは、現状についての理解を深める上で不可欠なのではないかと思います。

 

現在LFAは夏のボランティアを募集中です!

しでも興味をお持ちでしたら、ぜひエントリーをお願いします。

皆さんとお会いできることを心待ちにしております!

■社会課題に挑む、学生ボランティア・インターン募集中!

Learning for All では学習支援居場所支援の2つのプログラムで参加学生を募集中です。プログラムへの関わり方もボランティアとインターンの2種類ご用意しています。

まずは以下の画像から、子どもの貧困やLFAの事業内容・プログラムについて説明した動画をご覧ください。

■参加を迷っている学生向けのLINE@やってます!

説明会日程やブログ更新の情報配信のほか、プログラム参加に関する個別相談も対応しております。

■マンスリーサポーター募集中!

Learning for All ではサポーターを募集しております。

1,000円の寄付で子ども1人に1時間の学習支援が届けられます。

皆さまのご支援が、子どもたちの学習機会の拡大につながります。

皆さまのご寄付は、一人ひとりの子どもたちの未来を作っていきます。

ぜひ、子どもたちの未来を一緒に応援してください。

関連記事

2020.7.6

【御礼】クラウドファンディングが終了しました

2020.7.4

【学生スタッフインタビュー】LFAに参加することで、実体験をもとに貧困について考えられるようになった。

2020.6.27

【学生スタッフインタビュー】子どもの課題がよく見えるからこそ、子どもにとっての自分の役割の重要性を考えるようになった