HOME > トピックス > 活動レポート > 【活動報告】学生教師が指導準備に励んでいます!

お知らせ

TOPICS

【活動報告】学生教師が指導準備に励んでいます!

2019.1.23

現在実施中の冬期プログラムに参加する学生教師たちは、毎週土曜日の子どもたちへの指導に向けて平日に準備をしています。今回の記事では第1回(1/19)の指導に向けた準備の様子を写真でご紹介します。

LFAではプログラムを経験した学生が、メンターとして指導準備・振り返りをサポートします。指導準備の際は事前に予定を合わせたうえで、担当のメンターにアドバイスをもらいながら指導案や教材を作成したり、子どもへの指導を想定したロールプレイに取り組んだりしています。

ロールプレイでは、メンターが子ども役になりきって実際に使う教材や指導内容を確認します。これにより担当する子どもがどんな反応をするか想定して授業設計ができるため、教師の「自分よがり」ではない、本当の子ども視点での授業を展開することができます。内容はもちろん、教材の文字の大きさから教えるときの声のトーンにも気を配り、準備をしています。

教師はマスクの着用、手洗いうがいを意識して、体調においても万全の体制を整えて第1回の指導に臨みました。

第1回の指導は無事終わり、指導はあと8回となりました。冬期プログラムの3ヶ月間で子どもたちに最高の笑顔と結果を届けられるよう、一人一人の教師が熱い想いを持って指導・準備に取り組んでいきます。


■社会課題に挑む、学生ボランティア募集中!
Learning for All では学習支援のボランティア教師、子どもの家のボランティアスタッフを募集しています。まずは採用説明会にお越しください。プログラムの詳細・説明会日程は以下の画像からご覧ください。

■参加を迷っている学生向けのLINE@やってます!
説明会日程やブログ更新の情報配信のほか、プログラム参加に関する個別相談も対応しております。

■マンスリーサポーター募集中!
Learning for All ではサポーターを募集しております。
1,000円の寄付で子ども1人に1時間の学習支援が届けられます。
皆さまのご支援が、子どもたちの学習機会の拡大につながります。
皆さまのご寄付は、一人ひとりの子どもたちの未来を作っていきます。
ぜひ、子どもたちの未来を一緒に応援してください。

■社会人向け活動説明会開催中!
Learning for All では月に4回、メディアの情報だけではわからない「子どもの貧困」の実態やLFAの活動について紹介するイベントを開催してます。子どもたちの明るい未来を支えるため、私たちに「今、できること」を一緒に考えましょう。

■職員募集中!
Learning for All では、一緒に働く仲間を募集しております。

関連記事

2019.10.21

【子どもの貧困と生活習慣】〜「自己責任」で失われるもの〜

2019.10.15

【学生ボランティア インタビュー】子ども達の一番の理解者であるために

2019.10.14

【祝!設立5周年!】大感謝祭の様子