HOME > トピックス > 活動レポート > 【冬期拠点レポート第一弾!】子どもの未来まで考えた学習支援

お知らせ

TOPICS

【冬期拠点レポート第一弾!】子どもの未来まで考えた学習支援

2019.3.3

こんにちは!経営管理チームインターンの佐々木です。

冬期プログラム拠点レポート第一弾の今回は、葛飾区内の中学校で子どもたちに指導を行っている拠点の皆さんにお話を聞きました。

LFAのプログラムの魅力を教えてください

指導スキルが上がることです。
私はLFAに参加するまで指導経験は全くありませんでした。しかし、伝え方のコツや伝える内容のまとめ方を教わり、子どもの前で何度も実践することでこうすれば伝わりやすい、というのが自分なりにわかり、自信がつきました。
<平野夏帆 明星大学 2年>

研修とフィードバックの質が高いことです。
LFAから提供される教師の教育体制がきちんと整っていて、子どもはもちろんのこと、LFAに関わる全ての人が飛躍的に成長し、大きく変わることができます。さらに、それを短期間で得られることは大きな強みです。
<松岡里美 法政大学 2年>

指導後の振り返りの様子

プログラム中に学んだことは何ですか?

1つは、子どもの抱える課題の複雑さ、です。
私はプログラム参加以前から、「子どもの貧困」や「教育格差」という言葉は知っていました。しかし、実際、学生教師として子どもたちと接してみると、子どもたちの抱えている課題は、私が想像していたよりも解決が困難なものでした。 コミュニケーションがうまく取れなかったり、学校の勉強に全くついていけていなかったり、様々な面で子どもたちは課題を抱えていました。このまま何もなければ、子どもたちは他人とうまく会話が出来ず、孤立してしまったり、高校の勉強に全くついていけなかったり、更なる困難を抱えることになると強く感じました。

もう1つは、学生教師が子どものために行動する必要性です。1つ目に挙げた通り、今のままでは、子どもたちの歩む未来が暗く希望のないものになってしまいます。 私たち学生教師が、子どもの現状を変え、将来を変えて、明るい未来へと子どもを導いてあげる必要があるのだ、と私はプログラムを通して学びました。
<足立いくみ 一橋大学 1年>

プログラム中の出来事で一番印象に残っていることを教えてください

毎回の授業の確認テストで100点を取ることができても喜ぶ姿が見られなかった子どもがいたことです。

私は、以前はどんなに勉強が嫌いで興味がない子どもでもテストの点数によって喜んだり悔しがったりするものであると思っていました。しかし、私が担当した子どもは、およそ2年分の学力の遅れを抱えていたことから、「この内容ができてもまだ自信なんかつかない」といった様子でした。寺子屋ではその子の学習の理解度に合わせて勉強を教えますが、遅れていた分の内容ができるようになっただけでは、本人の自信に直接つながることはないのだとわかりましたそのため、学習の遅れを取り戻すことができるように支援するだけではなく、どうすれば子どもの自己肯定感を高めることができるだろうかと考えるようになりました。子どもの未来まで考えながら学習支援をしていくLFAだからこそ、勉強嫌いや勉強ができないことの根本を改善することができるのではないかと思いました。
<青栁さやか 東京家政学院大学 3年>

「自分は集中することが出来ない」と話し問題演習中に周りのことが気になってしまう子どもが、「これは一人で解きたい」と言い問題に真剣に取り組むようになっていったことです。学生教師は勉強をできるようになりたい、もっと分かるようになりたいと考えている子どもの近くで、子どもが現状を改善し、変化していく姿を一番近くで見守ることができます。そういった姿を見られるからこそLFAのプログラムでは、学生教師が子どもたちに対し今、何が出来るのだろうと向き合いたいと思えるのだと感じました。
<江田千秋 東京理科大学 2年>

指導後の振り返りの様子

参加を迷っている学生にメッセージをお願いします

LFAでは子どもたち一人一人の人生に向き合えるだけでなく、仲間と語り合う中でたくさんの刺激を受け自分自身を成長させることができます。普段の生活ではできない貴重な経験になると思うので、是非チャレンジしてみてください!
<黒田汐音 東京大学 1年>


■社会課題に挑む、学生ボランティア募集中!
Learning for All では学習支援のボランティア教師、子どもの家のボランティアスタッフを募集しています。まずは採用説明会にお越しください。プログラムの詳細・説明会日程は以下の画像からご覧ください。

■参加を迷っている学生向けのLINE@やってます!
説明会日程やブログ更新の情報配信のほか、プログラム参加に関する個別相談も対応しております。

■マンスリーサポーター募集中!
Learning for All ではサポーターを募集しております。
1,000円の寄付で子ども1人に1時間の学習支援が届けられます。
皆さまのご支援が、子どもたちの学習機会の拡大につながります。
皆さまのご寄付は、一人ひとりの子どもたちの未来を作っていきます。
ぜひ、子どもたちの未来を一緒に応援してください。

■社会人向け活動説明会開催中!
Learning for All では月に4回、メディアの情報だけではわからない「子どもの貧困」の実態やLFAの活動について紹介するイベントを開催してます。子どもたちの明るい未来を支えるため、私たちに「今、できること」を一緒に考えましょう。

■職員募集中!
Learning for All では、一緒に働く仲間を募集しております。

関連記事

2019.8.23

【代表インタビューvol.3】〜LFAのこれまでとこれから、目指す社会〜

2019.8.22

【学生ボランティアインタビュー】学校を誰一人見捨てることなくどんな子でも安心して通える場所にしたい

2019.8.20

【学生スタッフインタビュー】社会から取り残された子どもをなくすために