HOME > トピックス > 活動レポート > 【夏期学習支援プログラムの魅力!】ーこの夏1番アツい5日間!ー

お知らせ

TOPICS

【夏期学習支援プログラムの魅力!】ーこの夏1番アツい5日間!ー

2019.5.16

 

Learning for All では、8月の5日間、困難を抱える子どもたちへ学習支援を行う夏期プログラムを実施いたします。今回は、夏期プログラムならではの魅力と昨年度ボランティア教師として参加した学生の声をご紹介します!

夏期学習支援プログラムの魅力

夏期プログラムは5日間!
通常のLFAのプログラムは3か月間行われますが、夏期プログラムの指導は5日間連続です。普段は大学の授業やサークルなどで都合がつかない方も、夏休みを利用してLFAのプログラムに参加するチャンスです!

短期間で濃密に子どもと関われる!
夏期プログラムでは5日間連続の指導なので、週に一度の指導の通常プログラムに比べて、濃密に子どもと関わることができます。そのため、「昨日できなかったことが、今日できるようになった!」という子どもの発言など、日を追うごとに子どもの成長を肌で感じることができます。

毎日が課題解決の連続!
LFAのプログラムでは毎回の指導後に振り返りの時間を設けています。夏期プログラムでも、指導後にメンターからのフィードバックを受けて、翌日の指導をより良くするために課題解決を行います。目の前の子どものために”自分には何ができるか”を考え、改善し続ける日々はLFAのプログラムならでは!

昨年の参加者の声

「初日は将来の夢は特にないと話していた子どもが、関わっていく中で好きなことや得意なことなど未来へ繋がる話をたくさんしてくれるようになりました。最終日に、改めて将来のことを聞いてみると自らの目標を話し、最後の確認テストでも、大きな成長を見せてくれました。5日間の自信が将来への思いを言葉にすることに繋がったのかなと思います」

「LFAのプログラムでは担当する子ども自身の発話や仕草を大切にし、その子にとって必要な授業や声かけはどういったものかを考え続けます教材や授業中の問いかけ一つとっても、子どもたちの反応をつぶさに観察し、それに基づいて調整していきました。…私は教職課程を受講しておらず、塾講師や家庭教師の経験もありません。授業計画も子どもとの接し方も、何もかもが初めてでしたが、メンターや他の学生教師の力を借りることで乗り越えることができました。」

Learning for All のプログラムには、毎回多種多様な考えを持った大学生・大学院生が参加してくれており、自分の視野が広がるような学びがたくさん得られます。厳しい状況にいる子どもたちに「人生の転機」となるきっかけを提供したい、指導力を向上させたい、社会課題と向き合う経験を通して誰よりも成長したい、夏休みを使って何か新しいことに挑戦してみたい、というみなさん!誰よりも熱くなれる5日間を一緒に過ごしてみませんか?

夏期学習支援プログラムに興味をお持ちいただいた方は、ぜひお気軽に相談会にお越しください!



■社会課題に挑む、学生ボランティア・インターン募集中!
Learning for All では学習支援居場所支援の2つのプログラムで参加学生を募集中です。プログラムへの関わり方もボランティアとインターンの2種類ご用意しています。
まずは以下の画像から、子どもの貧困やLFAの事業内容・プログラムについて説明した動画をご覧ください。

■参加を迷っている学生向けのLINE@やってます!
説明会日程やブログ更新の情報配信のほか、プログラム参加に関する個別相談も対応しております。

■マンスリーサポーター募集中!
Learning for All ではサポーターを募集しております。
1,000円の寄付で子ども1人に1時間の学習支援が届けられます。
皆さまのご支援が、子どもたちの学習機会の拡大につながります。
皆さまのご寄付は、一人ひとりの子どもたちの未来を作っていきます。
ぜひ、子どもたちの未来を一緒に応援してください。

■社会人向け活動説明会開催中!
Learning for All では月に4回、メディアの情報だけではわからない「子どもの貧困」の実態やLFAの活動について紹介するイベントを開催してます。子どもたちの明るい未来を支えるため、私たちに「今、できること」を一緒に考えましょう。

■職員募集中!
Learning for All では、一緒に働く仲間を募集しております。

関連記事

2019.5.23

【求人情報】ともに働く仲間を募集中です!(5/23更新!新着求人あり)

2019.5.22

【学習支援拠点】春期プログラムインターン生の紹介!

2019.5.19

【子どもが好きな学生必見!】居場所支援拠点の一日をご紹介