HOME > トピックス > 活動レポート > 【子どもが好きな学生必見!】居場所支援拠点の一日をご紹介

お知らせ

TOPICS

【子どもが好きな学生必見!】居場所支援拠点の一日をご紹介

2019.5.19

 
 

こんにちは!本日は、Learning for Allが運営する小学校低学年対象の居場所支援拠点をご紹介します。

居場所支援拠点は、子どもの自立する力を育む「家でも学校でもない第三の居場所を目指して運営しています。
学童保育のような仕組みで平日の放課後、主に小学校1~3年の児童20名程度を最大午後9時まで受け入れています。
①安心・安全な居場所、②学習のお手伝い、③読み聞かせ、④バランスの良い食事の4つを提供することで、子どもの自立する力を養っています。
学生ボランティアの皆さんには、一緒に遊ぶことや学習サポートを通じて、子どもの心に寄り添い、彼らの成長を見守っていただきます困難な環境に身を置いている子どもも多く、自己肯定感の低い子どもたちが自信を持ち、自立へ近づくためにはどのような言葉かけが良いのか、どのような対応が良いのか、日々試行錯誤しながら関わってもらいます。とはいえ、実際に学生ボランティアはどんなことをするの?」「どんな1日を送っているの?と思う方もいるでしょう。今回はそんな皆さんのために、具体的な1日の過ごし方をご紹介します。

基本タイムスケジュール ※季節ごとに若干変動があります。
13:30 スタッフ集合 ミーティング、受け入れ準備など
15:00 子どもたち帰宅
・おやつを食べる
・屋外(公園)、屋内などで自由に遊ぶ などそれぞれの時間
18:00 学習タイム
18:30 いただきます(夕食)
19:15 子ども対応 / 掃除
20:00 振り返り
20:30 スタッフ解散

まず、学生ボランティアのみなさんには13:30から活動してもらいます。
他のスタッフ、ボランティアと一緒にその日の子どもたちの動きなどを確認します。また、より良い空間にするためにスタッフが気をつけることを共有します。チームで一丸となって子どもたちにとって良い空間、時間を提供していきます

15:00頃に子どもたちは学校から直接子どもの家に帰ってきます。明るく出迎えをしつつ、子どもの表情や様子に目を光らせてください。その後は子どもたちと思い切り一緒に遊んでください!屋外の公園では鬼ごっこやドッチボール、サッカーなど走り回ることもたくさんあります。屋内ではレゴやお絵かき、粘土などの創作活動などを行います安全の確保をしつつ、たくさんコミュニケーションをとっていきましょう。

18:00からは学習の時間とし、宿題をメインに行います。ここでは、全員が集中して学習に取り組める環境作りや一人ひとりの特性にあわせて必要なサポートをしていきます

18:30からはおいしい夕食の時間です。みんなで食卓を囲み、会話をしながらごはんの楽しさや大切さを体感してもらいますボランティアの皆さんにも一緒に食べてもらうこともあります。

ハロウィンメニュー 顔も一つ一つ手作り

19:15頃にごちそうさまをし、子どもたちのお迎えが来るまでゆったり食後の時間を過ごします。今日あった出来事を話したり、本を読んだりと落ち着いた空間を目指します
同時に分担して片付けや掃除をしてもらうこともあります。翌日も安心安全な空間を提供する準備です。

20:00からはスタッフ自身の振り返り、チームでの振り返りを行います。その日の1日を子どもごとの出来事、スタッフごとの動き、チームの動きなどの軸で振り返り、翌日以降の運営への学びを共有します。遠慮せず、どんどん意見を出していくことが求められます。振り返りの質で次回以降の活動が大きく変わりますし、自分自身の成長、変化も感じることができます

そして、20:30に解散となります。実際に子どもと向き合っていると、本当にあっという間に時間が過ぎていきます

年間では保護者にも参加していただく季節ごとのイベントなども行います!(12月にはクリスマスパーティー、1月には新年会を開催しました!)利用している子どもたちは、様々な困難な状況にある子どもたちです。「社会課題に真正面から向き合いながら、チームで子どもたちの包括的な成長をサポートしていく」、という普段の大学生活だけでは経験できないプログラムとなっています
ぜひ一緒に活動してみませんか?まずは説明会にお越しください。

また、実際に活動している大学生ボランティアの声は以下のリンクからご覧ください。


■社会課題に挑む、学生ボランティア・インターン募集中!
Learning for All では学習支援居場所支援の2つのプログラムで参加学生を募集中です。プログラムへの関わり方もボランティアとインターンの2種類ご用意しています。
まずは以下の画像から、子どもの貧困やLFAの事業内容・プログラムについて説明した動画をご覧ください。

■参加を迷っている学生向けのLINE@やってます!
説明会日程やブログ更新の情報配信のほか、プログラム参加に関する個別相談も対応しております。

■マンスリーサポーター募集中!
Learning for All ではサポーターを募集しております。
1,000円の寄付で子ども1人に1時間の学習支援が届けられます。
皆さまのご支援が、子どもたちの学習機会の拡大につながります。
皆さまのご寄付は、一人ひとりの子どもたちの未来を作っていきます。
ぜひ、子どもたちの未来を一緒に応援してください。

■社会人向け活動説明会開催中!
Learning for All では月に4回、メディアの情報だけではわからない「子どもの貧困」の実態やLFAの活動について紹介するイベントを開催してます。子どもたちの明るい未来を支えるため、私たちに「今、できること」を一緒に考えましょう。

■職員募集中!
Learning for All では、一緒に働く仲間を募集しております。

関連記事

2019.8.24

「オラクル子ども食堂」に参加させていただきました!

2019.8.23

【代表インタビューvol.3】〜LFAのこれまでとこれから、目指す社会〜

2019.8.22

【学生ボランティアインタビュー】学校を誰一人見捨てることなくどんな子でも安心して通える場所にしたい