HOME > トピックス > 活動レポート > 【活動報告】春期居場所支援 事後研修を行いました!

お知らせ

TOPICS

【活動報告】春期居場所支援 事後研修を行いました!

2019.7.25

春期プログラムが終了し、プログラムを締めくくる事後研修を実施しました。

今回も、会場は日本オラクル様のご厚意により利用させていただきました

事後研修は、現場で3ヶ月に渡って子どもたちと向き合ってきた学生ボランティアたちに、活動の中で感じたことや学びを振り返ってもらい、自身の今後の成長に繋げてもらうことを目的としています。

研修ではプログラムの垣根を越えて、学習支援拠点の学生ボランティアと共に、子どもに向き合った経験を基に子どもの貧困の本質的解決のためにどのようなアクションを取ることができるのか、ディスカッションを行いました。また、居場所支援、学習支援それぞれに通う子どもの事例を通じて、マイノリティの抱える困難について考え、自分自身の社会的立場を振り返りも行いました。実際に、自分のアイデンティティについて考えるワークを行うことで自分の価値観を再認識したり、他人の価値観を知ったりすることで、視野を広げる機会となりました。

その後、Learning for All の今後のビジョンを共有した上で、子どもと学生自身、社会全体の20年後の理想について語り合い、アウトプットをまとめました。3ヶ月間成長を見続けた子どもへの熱い想い、自分や社会の未来への大きな期待が詰まったアウトプットになりました。

春期プログラムが終わり、8月からは夏期プログラムが始まります。現在、秋期居場所支援プログラムのボランティアスタッフ、又秋期学習支援プログラムのボランティア教師を募集しています。

「成長したい!一緒に活動してみたい!」という方は、ぜひ、エントリーお待ちしています。

 

 

 


■社会課題に挑む、学生ボランティア・インターン募集中!
Learning for All では学習支援居場所支援の2つのプログラムで参加学生を募集中です。プログラムへの関わり方もボランティアとインターンの2種類ご用意しています。
まずは以下の画像から、子どもの貧困やLFAの事業内容・プログラムについて説明した動画をご覧ください。

■参加を迷っている学生向けのLINE@やってます!
説明会日程やブログ更新の情報配信のほか、プログラム参加に関する個別相談も対応しております。

■マンスリーサポーター募集中!
Learning for All ではサポーターを募集しております。
1,000円の寄付で子ども1人に1時間の学習支援が届けられます。
皆さまのご支援が、子どもたちの学習機会の拡大につながります。
皆さまのご寄付は、一人ひとりの子どもたちの未来を作っていきます。
ぜひ、子どもたちの未来を一緒に応援してください。

■社会人向け活動説明会開催中!
Learning for All では月に4回、メディアの情報だけではわからない「子どもの貧困」の実態やLFAの活動について紹介するイベントを開催してます。子どもたちの明るい未来を支えるため、私たちに「今、できること」を一緒に考えましょう。

■職員募集中!
Learning for All では、一緒に働く仲間を募集しております。

関連記事

2019.8.23

【代表インタビューvol.3】〜LFAのこれまでとこれから、目指す社会〜

2019.8.22

【学生ボランティアインタビュー】学校を誰一人見捨てることなくどんな子でも安心して通える場所にしたい

2019.8.20

【学生スタッフインタビュー】社会から取り残された子どもをなくすために