HOME > トピックス > 活動レポート > 【活動報告】居場所支援秋期プログラムのStep up研修を行いました!

お知らせ

TOPICS

【活動報告】居場所支援秋期プログラムのStep up研修を行いました!

2019.11.20

こんばんは。学生採用インターンの弓削です!

寒い冬の訪れを感じる季節になりました。サポーターやアラムナイ、学生の皆様、いかがお過ごしでしょうか。

Learning for All (LFA)は、11/17(日)に居場所支援拠点秋期プログラムのStep up研修を行いました。

会場は日本オラクル様のご厚意により利用させていただきました。

居場所支援拠点は、学習支援と異なり、一緒に夕食を食べたり、歯磨きをしたり、遊んだり…..など生活の一部を共にしながら2つの拠点で支援を行っています。

今回は、ボランティア約20名がStep up研修を受けました。

研修内容は大きく2つ。自分について知ることと、子どもについて知ることです。

まず、自分を見つめ直す時間をもちました。

今までの自分の人生ではどのような出来事があったのか、どんな思い出が今の自分に影響を与えているのか、なぜ LearningforAll (LFA) に関わるようになったのか、等々。

しっかり振り返ることで、子どもに関わる上での自分の信念、価値観がより明確になったようです。

また、今回は、子ども達を取り巻く環境という視点から、改めて子どもの貧困について考えました。

子どもの7人に1人が貧困状況にあると言われている日本。その問題の背景には様々な問題が複雑に絡み合っていることを認識しました。

徐々にその認知は広まってきているものの、まだまだ社会を広く見渡すと、「え?日本で貧困?」という認識を持っている方が多くいることもまた事実です。

まずは知ることから始まります。より多くの人に子どもの貧困について知ってもらう為に、自分たちに何ができるのか話し合いも行いました。

今後の各拠点での皆さんの活躍に期待が高まります!

一歩踏み出すときに、不安は付きものです。

10月の事前研修に参加したボランティアの学生たちは、「自分に何ができるのだろうか」と不安を抱いている人もいました。

しかし、今回の研修では、とてもイキイキとしながらも、絡み合った複雑な課題に真摯に向き合う主体的な姿勢ををみて、約1か月での学生たちの大きな成長に驚きました

LFAは子どもだけでなく学生ボランティアの皆さんにも、多くの学びを得て成長して欲しいと願っています。
そのために研修やフォロー体制が整っています。

現在、冬期プログラムのボランティアを募集中です!

新年の始まりにLFAで子どもたちと向き合う経験をしてみませんか?

少しでも関心がある方、エントリーをお待ちしております!


■社会課題に挑む、学生ボランティア・インターン募集中!
Learning for All では学習支援居場所支援の2つのプログラムで参加学生を募集中です。プログラムへの関わり方もボランティアとインターンの2種類ご用意しています。
まずは以下の画像から、子どもの貧困やLFAの事業内容・プログラムについて説明した動画をご覧ください。

■参加を迷っている学生向けのLINE@やってます!
説明会日程やブログ更新の情報配信のほか、プログラム参加に関する個別相談も対応しております。

■マンスリーサポーター募集中!
Learning for All ではサポーターを募集しております。
1,000円の寄付で子ども1人に1時間の学習支援が届けられます。
皆さまのご支援が、子どもたちの学習機会の拡大につながります。
皆さまのご寄付は、一人ひとりの子どもたちの未来を作っていきます。
ぜひ、子どもたちの未来を一緒に応援してください。

■社会人向け活動説明会開催中!
Learning for All では月に4回、メディアの情報だけではわからない「子どもの貧困」の実態やLFAの活動について紹介するイベントを開催してます。子どもたちの明るい未来を支えるため、私たちに「今、できること」を一緒に考えましょう。

■職員募集中!
Learning for All では、一緒に働く仲間を募集しております。

関連記事

2020.7.25

【学生スタッフインタビュー】一分一秒に責任を持って子どもと接することができる大人を1人でも増やしたい

2020.7.13

【活動報告】春期プログラムの事後研修を行いました!

2020.7.11

【卒業生インタビュー】そこに人がいれば、何かを教え教わるという「学び」が存在する。相手や立場や場所が変わっても、「相手の心に火をつける」ということは変わらない