HOME > トピックス > コラム > 【アルムナイの活躍vol.1】社会人になってもLFAと行動し続ける

お知らせ

TOPICS

【アルムナイの活躍vol.1】社会人になってもLFAと行動し続ける

2019.12.13

皆さんこんばんは!

今回のコラムでは、Learning for All (以下、LFA)で活動した大学生が就職したのちにどういう活動をしているのか、LFAが目指す”アルムナイインパクト”についてお伝えします。

LFAが目指すもう一つのインパクト〜アルムナイインパクト〜

アルムナイとは「卒業生、同窓生、校友」という意味です。

LFAでは、学習支援や居場所支援などの事業を通じて社会課題を解決するとともに、社会課題の現場を見て課題解決に取り組んだ学生ボランティアたちが社会に出て、様々なセクターで活躍することで社会全体の課題解決を加速させようと考えています。

実際に現場で子どもたちと向き合い、課題を”自分ごと”として捉えた学生が、社会に出て様々な場所で働くことで社会構造を変革していく。これがアルムナイインパクトです。

(LFAが目指すアルムナイインパクトについての詳細は、こちらからご覧いただけます。)

今回は、そんなアルムナイインパクトの中から、2016年度から2018年度に学習支援ボランティア、学生採用チームインターンとして活動し、現在は人材育成・組織開発コンサルティング企業の株式会社シェイクに勤務する佐々木 春希さんの活動についてご紹介します。

(佐々木さんの学生時代のインタビューは、こちらからご覧いただけます。)

活動①:学生ボランティア向けの研修に先輩社員と参加

LFAでは、ボランティアとして学習支援・居場所支援プログラムに参加する学生を対象に、約1ヶ月に1回、集合研修を実施しています。佐々木さんの会社の先輩である道上嘉文さん(トップ写真左)には、11月に実施された秋期プログラムStep Up研修にお越しいただき、子どもの貧困について学ぶワークショップにも実際にご参加いただきました。

研修の様子 

道上さんの感想を一部抜粋してご紹介します。

「ワークショップを通して、子どもに関わる人たちそれぞれが『子どものために』と思って行動していても、子ども本人の意思を置き去りにしてしまうことがあると体感しました。こういったことは、子ども支援の現場以外でもよく起こるなと、私自身の経験も振り返る機会になりました。

活動②:LFAでの活動に関するインタビュー記事が、会社の採用ページに掲載

佐々木さんの勤務先企業のシェイクでは、顧客や社会への価値創出と同時に、社員の想いの実現を大切にしています。佐々木さんは、「学生時代から想いを形にしてきた社員」として、LFAへの参画の背景や、今の仕事につながっている経験などを語っています。

佐々木さんのインタビュー記事はこちらからご覧いただけます。

(株式会社シェイクのサイトに移動します。)

活動③:社長を学習支援の教室見学に案内

株式会社シェイク 吉田社長(トップ写真右)は、児童養護施設の子どもを遠足に招待する企画に協力するなど、子どもの貧困問題にも関心を寄せており、今回佐々木さんの紹介で葛飾区の公民館で実施している学習支援の教室にお越しいただきました。

教室の様子

当日は、はじめにLFAの事業や学習支援を行っている教室に通ってくれている子どもたちについてご説明し、実際に子どもたちがボランティア教師と共に学ぶ現場の様子を見学した後、感想をお話しいただいたり、様々な視点でディスカッションさせていただきました。

吉田社長の感想を一部抜粋してご紹介します。

「大変な境遇にいる子どもたちが、一生懸命に学んでいたのが印象的でした。また、ボランティアの学生が作成した教材や指導案を拝見し、ボランティアでここまでやるのかと驚きました。LFAのような組織の社会における役割は大きく、今後この影響力をどう維持・拡大するかが課題だと感じます。より多くの人がこの社会課題を知り、自分たちに何ができるのか考えていくべきだと思います。

この記事でご紹介した以外にも佐々木さんは、「LFA5周年記念感謝祭」にシェイクのメンバーを招待したり、普段から社内SNSでもLFAや子どもの貧困に関する情報を発信したりしているそうです。

最後に佐々木さんに、社会人になってもLFAと行動し続ける理由について伺いました。

「理由は2つあります。1つ目は、子どもの貧困という課題を本気で解決したいと思っているからです。そのために課題の認知度を高めることが重要だと思っているので、まずは身近な人に知ってもらおうと、社内での発信等を続けています。2つ目は、LFAに関わることが自分の成長にもつながると思うからです。様々な分野で活躍する卒業生と一緒に活動することは刺激になりますし、本業にも還元できるような学びも得られていると感じます。」

いかがでしたでしょうか。

佐々木さん以外にも、LFAには様々なセクターでインパクトを起こしている卒業生がいます。今後随時、彼ら彼女らの活躍も紹介していきたいと思います!


■社会課題に挑む、学生ボランティア・インターン募集中!
Learning for All では学習支援居場所支援の2つのプログラムで参加学生を募集中です。プログラムへの関わり方もボランティアとインターンの2種類ご用意しています。
まずは以下の画像から、子どもの貧困やLFAの事業内容・プログラムについて説明した動画をご覧ください。

■参加を迷っている学生向けのLINE@やってます!
説明会日程やブログ更新の情報配信のほか、プログラム参加に関する個別相談も対応しております。

■マンスリーサポーター募集中!
Learning for All ではサポーターを募集しております。
1,000円の寄付で子ども1人に1時間の学習支援が届けられます。
皆さまのご支援が、子どもたちの学習機会の拡大につながります。
皆さまのご寄付は、一人ひとりの子どもたちの未来を作っていきます。
ぜひ、子どもたちの未来を一緒に応援してください。

■社会人向け活動説明会開催中!
Learning for All では月に4回、メディアの情報だけではわからない「子どもの貧困」の実態やLFAの活動について紹介するイベントを開催してます。子どもたちの明るい未来を支えるため、私たちに「今、できること」を一緒に考えましょう。

■職員募集中!
Learning for All では、一緒に働く仲間を募集しております。

関連記事

2020.2.25

新型コロナウイルスの流行に伴う、団体対応方針について

2020.2.21

「新世代社会企業論〜社会的事業が1億規模に到るまでpart2.5〜」に代表の李が登壇しました

2020.2.19

ピアボーナスで寄付が出来る新しい取組「SDGsプラン」支援先にLearning for All が選ばれました