HOME > トピックス > コラム > 【寺子屋実践録】中学3年生Aくんのケース(後編)

お知らせ

TOPICS

【寺子屋実践録】中学3年生Aくんのケース(後編)

2018.11.26

こんにちは。Learning for All職員の市川です。

このシリーズは不定期で、これまで私が学習支援事業を通して関わってきた子どもとのエピソードを紹介しています。

 今回は、前回投稿したある拠点で現場責任者をしていたときに出会ったAくんとのエピソードの後編になります。

前編をまだ読んでいないという方は、ぜひ前編からご覧ください。


 Aくんへサポートをしていく中で、Aくんのお母さんとの連絡頻度も増えていた。働いている時間が長いお母さんには、初めて経験する高校入試について相談できる人も、相談できる時間もないようだった。幸い寺子屋はお母さんの休日にあたる曜日に実施しており、メールでの連絡も可能だったため、お母さんの休日に面談を行ったり仕事終わりの深夜にメールが届き、次の日の日中にこちらから返信するということが出来た。

 その中でお母さんにこう言われたことがある。「本当は毎日一緒にご飯を食べて話を聞く時間を作りたい。けど、息子と2人で生きていくには仕事をしなければいけない。最近の息子を見ていて、精神的にすごく不安定になっていることはわかるが、どうしたらいいのかわからない。」それまではAくんに対して何をするべきかばかり考えていたが、お母さんもAくん同様に高校受験を不安に思い、困りごとを抱えているのだと気づいた瞬間だった。

 その日から、Aくんが寺子屋に来た日はその日の様子を毎回メールでお母さんに送るようにした。「いつも丁寧にありがとうございます。様子がわかって安心できます。息子に関して一番考えてくれているのは寺子屋さんなので、信頼しています。これからもよろしくお願いします。」そうお母さんからメールがきた時、ホッとしたことを覚えている。それまでは、子育て経験もない大学生では頼りないのではないか、他にもっといいやり方はないのだろうかと不安を抱えたままお母さんとやり取りをしていた。だが、ただの大学生のわたしでも出来ることはあると、決意を新たにした。

 お母さんの不安もAくんの不安も、家庭の中でどうしてもお互いに影響を与える。時間の都合がつきにくいAくんのお母さんにとっては、学校や自治体の子育てサポートなどの社会資源を利用することが難しそうだった。そのため、寺子屋ではお母さんに対するサポートもできる範囲で担っていった。

 結果、Aくんは無事に志望校に合格した。正直、彼がなんと連絡してきたのか、電話だったのかメールだったのかも覚えていない。けれど、合格発表の日に冷たい手で携帯を握りしめながら連絡を待っていた時間と、彼からの連絡が来たときに一気に身体が熱くなったあの感覚を、わたしは一生忘れないのだろう

 

 わたしがAくんと関わったのは、中学3年生の2学期から彼が中学校を卒業するまでの半年間だった。その前もその後もたくさんの子どもたちや保護者様と関わってきたが、Aくんと過ごした半年間はわたしにとって少しだけ特別な記憶として心に残っている。何よりも、Aくんが志望校に合格できたこと。その過程でAくんにとって必要だと思うこと・今のわたしたちができることを思いつく限り全てやったこと。その経験は、何か難しい問題があってめげそうになるわたしを内側から暖かく支えてくれている。

 「すべての子どもたちが自分の可能性を信じ、自分の力で人生を切り拓くことのできる社会の実現を目指します。」それがわたしたちLFAの掲げているビジョンだ。Aくんの姿は、そのビジョンをまさに体現している。彼に恥じないよう、努力と成長を続ける自分でありたい。

 

後編は以上になります。

前編後編とご覧いただきありがとうございました。


■マンスリーサポーター募集中!
Learning for All ではサポーターを募集しております。http://learningforall.or.jp/support/
1,000円の寄付で子ども1人に1時間の学習支援が届けられます。
皆さまのご支援が、子どもたちの学習機会の拡大につながります。
皆さまのご寄付は、一人ひとりの子どもたちの未来を作っていきます。
ぜひ、子どもたちの未来を一緒に応援してください。

■社会人向け活動説明会開催中!
Learning for All では月に4回、メディアの情報だけではわからない「子どもの貧困」の実態やLFAの活動について紹介するイベントを開催してます。子どもたちの明るい未来を支えるため、私たちに「今、できること」を一緒に考えましょう。

■職員募集中!
Learning for All では、一緒に働く仲間を募集しております。

■学生ボランティア教師募集中!
Learning for All では現在、冬期プログラムの学生ボランティア、スタッフを募集しています。まずは採用説明会にお越しください。プログラムの詳細及び、説明会予約は以下よりご覧ください。

■参加を迷っている学生向けのLINE@はじめました!
説明会等の情報配信のほか、プログラム参加に関する個別相談も対応しております!

 

 

 

 

関連記事

2018.12.12

【サポーター企業インタビュー】企業とNPOの理想的な連携のあり方とは?

2018.12.11

『「社会を変える」最前線に迫る~教育格差を終わらせる~』LFA活動説明会【限定15名:12月16日(日)】

2018.12.11

【秋期拠点レポート第二弾!】子どもたち自身に成長を実感してほしい