HOME > トピックス > インタビュー > 独立4周年・オフィスの引っ越しを記念して卒業生向けイベントを開催しました!

お知らせ

TOPICS

独立4周年・オフィスの引っ越しを記念して卒業生向けイベントを開催しました!

2018.11.25

こんにちは!経営管理チームインターンの佐々木です。
本日は、11/24(土)に行われたイベントの様子を紹介させていただきます。
このイベントは、「オフィス引っ越し&4周年記念感謝祭」と題し、これまでLFAのプログラムを支えてきた卒業生に向けてオフィス移転・事業拡大の報告をするとともに、5年目を迎えるLFAが今後目指すもの、実現したい社会を改めて共有しました。

この記事では、イベントに参加した卒業生へのインタビュー内容を紹介させていただきます。

LFAで活動した中で印象に残っていることを教えてください

土屋智恵利さん(2015年度に参加)
目の前の子どものありのままを受け入れてその子のために何か提供するのが想像以上に難しかったということが印象に残っています。」

山田蒼悟さん(2011年度に参加)
「私は当時受験生を担当していたのですが、教室に通い始めた当初は勉強習慣がなく志望校もなかったその子が毎週向き合っていくうちに志望校ができ、最終的に合格もできたのはとても嬉しかったです。真剣に向き合えば子どもは変わると身をもって知りました。

酒谷知佳さん(2014年度に参加)
自分の至らなさで子どもに結果が届かなかったときは本当に辛かったですし、子どもは私以上に辛かったと思います。やりきれない想いがあるので今でも現場に関わっています。」

「教育格差を終わらせる」仲間として、あなたは何をしますか?

細田詠平さん(2011年度に参加)
「私が勤務する学校でも勉強についていけていない子どもが多く、限られたリソースの中でどうやって子どもの学力を上げるかというのが課題です。LFA卒業生の皆さんにも力を貸してほしいと思っています。

山本健人さん(2011年度に参加)
「まずは自分が提供できるリソースが何なのか考えることが重要だと思っています。今は直接支援に携わることは難しいので寄付を継続していきたいと思います。

4年前の設立当初、わずか数名の職員と学生スタッフで運営していたLFAも今では職員20名、学生スタッフを合わせると約50名となり、拠点数も14拠点に拡大しています。また、2016年度からの居場所支援事業の開始や子ども支援の生態系モデル作りの開始など、「すべての子どもたちが自分の可能性を信じ、自分の力で人生を切り拓くことのできる社会の実現」というビジョン実現に向け、進化し続けています。

このようにLFAの組織規模や事業内容は5年間で大きく変わりましたが、「子ども目線」「笑顔と結果を届ける教室」「一分一秒に意図を持つ」など、卒業生が作り、育ててきた文化は変わることはありません。

これからも「子ども一人ひとりに向き合うこと」を一番に考え、より良い支援、より良い社会の実現のため、LFAは5年目も邁進してまいります。さらなるご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。


■学生ボランティア教師募集中!
Learning for All では現在、冬期プログラムの学生ボランティア、スタッフを募集しています。まずは採用説明会にお越しください。プログラムの詳細及び、説明会予約は以下よりご覧ください。

■参加を迷っている学生向けのLINE@はじめました!
説明会等の情報配信のほか、プログラム参加に関する個別相談も対応しております!

■マンスリーサポーター募集中!
Learning for All ではサポーターを募集しております。
1,000円の寄付で子ども1人に1時間の学習支援が届けられます。
皆さまのご支援が、子どもたちの学習機会の拡大につながります。
皆さまのご寄付は、一人ひとりの子どもたちの未来を作っていきます。
ぜひ、子どもたちの未来を一緒に応援してください。

■社会人向け活動説明会開催中!
Learning for All では月に4回、メディアの情報だけではわからない「子どもの貧困」の実態やLFAの活動について紹介するイベントを開催してます。子どもたちの明るい未来を支えるため、私たちに「今、できること」を一緒に考えましょう。

■職員募集中!
Learning for All では、一緒に働く仲間を募集しております。

関連記事

2018.12.12

【サポーター企業インタビュー】企業とNPOの理想的な連携のあり方とは?

2018.12.11

『「社会を変える」最前線に迫る~教育格差を終わらせる~』LFA活動説明会【限定15名:12月16日(日)】

2018.12.11

【秋期拠点レポート第二弾!】子どもたち自身に成長を実感してほしい