HOME > トピックス > インタビュー > 【子どもの家スタッフインタビュー】自分を受け入れてもらえているという実感、自分に自信を持てるような経験を子どもたちに届けたい

お知らせ

TOPICS

【子どもの家スタッフインタビュー】自分を受け入れてもらえているという実感、自分に自信を持てるような経験を子どもたちに届けたい

2018.6.26

こんにちは!経営管理チームインターンの佐々木です。

今回は慶應義塾大学3年の平井七実(ひらい ななみ)さんにお話を聞きました。
平井さんは、2016年10月より学生教師としてLFAの学習支援プログラムに参加、2017年10月より学生スタッフとして継続的に活動してきました。現在は子どもの家の学生スタッフとして子どもたちの放課後の居場所づくりをサポートしています。

学習支援と子どもの家、どちらの現場でも子どもたちとかかわってきた平井さんの声を、ぜひご覧ください!

LFAに参加した理由を教えてください

大学一年生の秋頃、大学の講義もサークルも中途半端になっている自分に気づきました。何か熱中できる活動がしたい、教育現場に深くかかわってみたい、という思いで様々なNPOや学生団体を探していたところ、たまたま出会ったのがLFAです。

説明会での話を聞き、直観的に「ここだ!」と感じてプログラムへの参加を決めました。今思うと、LFAの「教育格差を終わらせる」というビジョンに共感したこと、「振り返り・改善・成長」を重視するLFAの現場ならこれまで子どもとかかわりのなかった自分でも本気で子どもたちと向き合うことができると確信できたことが参加の決め手になったのだと思います。

今期から子どもの家に参加しようと思ったのはなぜですか?

学習支援プログラムでの活動を通して、子どもたちは適切なサポートがあれば学力や自尊心が大きく向上することを実感しました。そのことに大きな意義を感じると同時に、子どもと直接関わる時間が限られていることや、学習や学力向上に重きを置いている分、子どもたちの心や環境のサポートまで十分手が回らないことに葛藤していました。

次第に、安心できる空間がない、信頼できる人が身近にいない、という子どもたちにとって、学習支援よりも必要な支援があるのではないかと考えるようになりました。このような葛藤を通して、自分の関心が「教育」から「福祉」へと変化していることに気づいたため、今期から「福祉」に重きを置いたアプローチで子どもに関わることのできる、子どもの家に参加しようと決めました。

学習支援と子どもの家の違いはどんな点だと思いますか?

大きく二点あります。
一つ目は担当する子どもの人数の違いです。

学習支援では1人の教師が1~3人の子どもを担当し、毎週土曜日に教室に通う子どもたちの授業を行います。一方、子どもの家では、学生スタッフ全員で子どもたち全員をみます。学習支援では一人の子どもに集中して支援できるというメリットがあり、逆に子どもの家ではたくさんの子どもたちと接することができるというメリットがあります。

二つ目は、子どものたちとの関わり方です。どちらも子どもに寄り添う姿勢が重要だという点では同じですが、「教育」「福祉」どちらに重点を置きながら子どもたちの成長を応援するのかが異なると感じています。

学習支援では子どもたちの学力を伸ばすことに重点を置いているため、結果につながる質の高い授業を行えるような事前準備が命です。指導準備は大変と感じるかもしれませんが、その分指導力だけでなく、タスク処理能力や論理的思考力などの力が身につくと思います。

一方、子どもの家では子どもたちが放課後に安心できる場を提供することに重点を置いているため、何かをこちらから提供するということより、子どもたちがやりたいこと思ったことを尊重し、場を提供することが重要です。よって、子どもたちの要求や感情を瞬時に汲み取り、最適な支援を行う判断力や柔軟な思考力が大切だと感じています。

今期、子どもたちに届けたいことはなんですか?

子どもたちに、「無条件で自分を受け入れてもらえているという実感」や、「自分に自信を持てるような経験」を届けたいです。

私は個人的に、子どもが色々な経験をしながら成長することが重要だと思っています。しかし、自尊感情が低いと何かに積極的に、前向きに挑戦することが難しいと思います。そして学習支援や子どもの家に通う子どもたちには、学習での大きなつまづきがあったり、学校でも家でも居場所がないと感じていたりする子どもも多いです。

そのような失敗体験などをたくさんしていると、自尊感情が低く、自分に自信を持つことができません。そのため、まずは無条件で自分自身を受け入れてくれる人に出会い、その人たちとの経験を通して安心して子どもの家に通ってもらえるようにしたいです。その上で、かかわる子どもたちに小さくてもいいので一つでも多くの成功体験をして、自分に対して自信が持てるようになってほしいです。そのために、褒める声かけをたくさんする、など自分の成長に子ども自身が気づける状況も積極的に作っていきたいと思っています。

最後に、参加を迷っている学生にメッセージをお願いします!

LFAは子どもたちの成長だけではなく、子どもと向き合うことによるボランティア自身の成長や社会課題に対する自分の考え方の変化のきっかけを得られる場所でもあると感じています。実際、私はLFAでの経験を通して、自分の将来や、希望する進路が変わるほど子どもの貧困やその他の社会課題に対する意識が大きく変化しました。この経験を通して、LFAのプログラムはただの学習支援や居場所支援だけではなく、社会課題に対しても真剣に向き合えるプログラムだと思っています。少しでも気になるのなら、説明会に行ってみることをおすすめします。

もし二つの事業で迷っているのであれば、どのようなアプローチから子どもたちとかかわりたいのか、どのようなスキルや経験を自分が得たいのかなどを考えてみるといいのではないでしょうか。一緒に子どもたちと向き合い、子どもの貧困や様々な社会課題を共に解決する仲間になれることを心から願っています!


■学生ボランティア教師募集中!
Learning for All では、学習支援のボランティア教師・子どもの家のボランティアスタッフを募集しています。まずは採用説明会にお越しください。
プログラムの詳細及び、説明会予約は以下よりご覧ください。

■参加を迷っている学生向けのLINE@やっています!
説明会等の情報配信のほか、プログラム参加に関する個別相談にも対応しております!

■マンスリーサポーター募集中!
Learning for All ではサポーター(寄付会員)を募集しております。
月1,000円の寄付で子ども1人に1時間の学習支援が届けられます。
皆さまのご支援が、子どもたちの学習機会の拡大につながります。
皆さまのご寄付は、一人ひとりの子どもたちの未来を作っていきます。
ぜひ、子どもたちの未来を一緒に応援してください。

■社会人向け活動説明会開催中!
月に4回、メディアの情報だけではわからない「子どもの貧困」の実態やLFAの活動について紹介するイベントを開催してます。子どもたちの明るい未来を支えるため、私たちに「今、できること」を一緒に考えましょう。

■職員募集中!
Learning for All では、一緒に働く仲間を募集しております。

関連記事

2019.7.22

【活動報告】春期学習支援拠点 事後研修を行いました!

2019.7.22

【大学入試改革と貧困家庭が抱えるハードル】

2019.7.15

【中高生居場所支援拠点オープン!!】〜地域の包括的な支援の第一歩に〜