HOME > トピックス > インタビュー > 【2018年度卒業生インタビュー第7弾】子どもたちに、ひとつでも多くの挑戦と成功体験を届け続けたい

お知らせ

TOPICS

【2018年度卒業生インタビュー第7弾】子どもたちに、ひとつでも多くの挑戦と成功体験を届け続けたい

2019.4.10

こんにちは!学生採用チームインターンの弓削です。

卒業生インタビュー第7弾の今回は、2016年度冬期プログラムよりLFAに参加し、その後拠点運営スタッフや自習室運営スタッフとして活動し続けた、慶応義塾大学4年の山中智咲子さんにお話を聞きました。

LFAに参加した理由と、継続して関わり続けた理由を教えてください

 私は公立の小学校を卒業後、私立の中高一貫校に進学しました。環境が大きく変わって感じたことは、私たちが持つ価値観は、それぞれの家庭環境に大きく左右されるということです。家庭によって教育に対する考え方が違い、それは子どもの将来の選択に影響します。家庭環境によって子どもたちの当たり前が作られていて、その中でしか生きることが出来ない、ということに気付きました。もっと大きいはずの可能性に気付かず、将来の選択をしてしまうのは悲しいと思います。

 LFAは大学生向けの情報サイトで偶然見つけ、「教育格差」という言葉がなんとなく気になり、説明会に参加しました。そこで団体の代表の話を聞いて、「貧困」によって将来を制限されている子どもたちに関わり、彼らの可能性を信じて学習支援をしているLFAに共感し、参加を決めました。

 私は子どもたちにたくさんの選択肢の中から悩んで選んで、将来の進む道を決めて欲しい、と思っています。LFAの活動で子どもたちに関わることで、彼らの将来の選択肢を増やす手伝いができると感じ、今まで関わり続けてきました。

指導準備の様子

LFAに参加する前と今で一番変わったのはどのような点ですか

 自分の変化を厭わなくなったことです。むしろ、子どものためになるのなら、変わりたいと思えるようになりました。LFAでは解決すべき課題があったとき、その原因を子どもや環境に帰結させるのではなく、自分の行動を変えることで解決できないかを考えます。

 子どもの変容のために、まずは自分が変わる。私がLFAで学んだ1番大きなことです。

LFAで活動する中で、一番印象に残っている出来事を教えてください

 2016年の冬、私は中学3年生の女の子を担当しました。彼女との授業の中で印象に残っていることがたくさんあります。

 どうすれば伝わるかな、とたくさん悩んだ授業で、彼女がわかった!と笑ってくれたこと。その日のまとめテストで満点をとれたこと。物静かな彼女が、自分から質問をしてくれたこと。将来の夢を教えてくれたこと。最後の授業で照れながら手紙を渡してくれたこと。「高校でも勉強頑張ります!」と書いてあったこと。彼女の変化や成長を指導のたびに見られることが嬉しくて、もっと見たくて、私も指導を頑張ろうと思えていました。最も印象に残った出来事を一つあげることは私には出来ません。ひとつひとつは些細な出来事かもしれませんが、こういった小さな変化や成長を積み重ねていくことで、少しずつ自分に自信が持てるようになり、それが挑戦する強さに繋がるのだと私は信じています。

LFAの卒業生として、今後どうありたいですか?

 LFAの活動の中で、勉強に苦手意識を持っていて、「どうせできないから」と挑戦を諦める子どもたちと出会いました。その意識を変え、自分に自信を持ってもらいたいと思い、LFAの活動を続けてきましたが、その思いは卒業後も変わりません。

 私は来年度から教育関係の企業に勤めます。子どもの能力を最大限に伸ばすことを目指し、子どもたちにひとつでも多くの挑戦と成功体験を届け続けたいです。

拠点の写真

最後に、参加を迷っている学生に一言お願いします!

  私が初めて生徒の指導を担当したとき、その生徒の学習遅滞の大きさに驚き、「もっと早く出会いたかった」と強く感じたことを覚えています。子どもたちの抱える課題のなかには、緊急性の高いものも少なくありません。LFAにやってくる子どもたちはどんな課題を抱えているのかを知るために、まずは説明会にいらしてください。そして、子どもたちの課題を少しでも早く解決するために、みなさんがLFAに参加してくださると嬉しいです。


■社会課題に挑む、学生ボランティア・インターン募集中!
Learning for All では学習支援・居場所支援の2つのプログラムで参加学生を募集中です。プログラムへの関わり方もボランティアとインターンの2種類ご用意しています。
まずは以下の画像から、子どもの貧困やLFAについて説明した動画をご覧ください。

The ■参加を迷っている学生向けのLINE@やってます!
説明会日程やブログ更新の情報配信のほか、プログラム参加に関する個別相談も対応しております。

■マンスリーサポーター募集中!
Learning for All ではサポーターを募集しております。
1,000円の寄付で子ども1人に1時間の学習支援が届けられます。
皆さまのご支援が、子どもたちの学習機会の拡大につながります。
皆さまのご寄付は、一人ひとりの子どもたちの未来を作っていきます。
ぜひ、子どもたちの未来を一緒に応援してください。

■社会人向け活動説明会開催中!
Learning for All では月に4回、メディアの情報だけではわからない「子どもの貧困」の実態やLFAの活動について紹介するイベントを開催してます。子どもたちの明るい未来を支えるため、私たちに「今、できること」を一緒に考えましょう。

■職員募集中!
Learning for All では、一緒に働く仲間を募集しております。

関連記事

2019.8.23

【代表インタビューvol.3】〜LFAのこれまでとこれから、目指す社会〜

2019.8.22

【学生ボランティアインタビュー】学校を誰一人見捨てることなくどんな子でも安心して通える場所にしたい

2019.8.20

【学生スタッフインタビュー】社会から取り残された子どもをなくすために