HOME > トピックス > インタビュー > 【学生スタッフインタビュー】子どもたちに夢を持ってもらうために、子ども目線で寄り添い続けたい

お知らせ

TOPICS

【学生スタッフインタビュー】子どもたちに夢を持ってもらうために、子ども目線で寄り添い続けたい

2018.11.22

こんにちは!経営管理チームインターンの佐々木です。

今回の学生インタビューは、2018年度夏期学習支援プログラムにボランティア教師として参加し、現在は葛飾区内の教室で運営スタッフを務めている、慶應義塾大学2年の堀内 美南(ほりうち みなみ)さんに話を聞きました。
堀内さんが夏期プログラムの5日間で子どもたちに伝えたかったことや、秋期プログラムでも継続して参加している理由など、是非ご一読ください!

LFAの学習支援プログラムに参加しようと思ったのはなぜですか?

私は将来、アメリカのウォルトディズニーカンパニーで子どもたちに夢を届けるようなマーケティングの仕事をしたいと思っています。この将来の夢を実現するために、子どもに関わるボランティアを探していました。また、私は小学校からずっと私立の学校に通っていて、狭い範囲の人たちとしか関わってこなかったため、自分の視野をもっと広げたいと考えていました。そんなときにFacebookでLFAの広告を見て説明会に参加しました。

LFAのプログラム内容は自分のやりたいことと一致していましたし、説明会で子どもの貧困の現状を聞いて、自分が関わってきた人たちとは全く違う状況にあるということに衝撃を受けたため、プログラム参加を決めました。

夏期プログラムで担当した子どもにはどんな変化がありましたか?

夏期プログラムでは中学校1年生の子ども2人を担当しました。彼らの学力は元々低くなかったのですが、自己肯定感が低く、自分のやりたいことや行きたい高校を見つけられていませんでした。そのため私は、5日間のプログラムの中で、「自分の好きなことを大事にしてほしいこと」や「夢を持つことの大切さ」、「好きなことへの関わり方はたくさんあること」を子どもたちに何度も伝えました。その結果プログラム最終日には、彼らが今後やってみたいことや、行きたい高校などを話してもらうことができました。

夏期プログラムで一緒に活動したメンバー

秋期プログラムにも継続して参加しようと思ったのはなぜですか?

先ほどお話ししたように、私は元々「自分の将来に役立てたい」、「自分の視野を広げたい」と、自分の成長を中心に考えてLFAのプログラムに参加したのですが、プログラム中は子どもたちから多くのことを学びました。子どもたちが教えてくれたことを他の学生教師にも伝えていくことで、より多くの子どもたちに還元していきたいと思い、今期は教室運営スタッフとして学生教師の指導準備のサポートや指導のフィードバックを担当しています。

秋期プログラムで達成したいことを教えてください

今私が活動している教室には中3の子どもたちが通ってくれています。2月に受験を控えているため、もちろんプログラムを通して学力を身につけてほしいと思っています。しかし、ただ勉強するだけでなく、何のために勉強をするのか、どの高校に行きたいのか、といったことを、自分が大切にしていることに向き合いながら考えていってほしいと思っています。

また、秋期プログラムの期間は12月までですが、ほとんどの子どもが継続して1月からの冬期プログラムにも参加します。冬期プログラムは本当に受験直前の期間になるからこそ、秋の間に自分の目標や夢について考え、前向きに、楽しみながら勉強できるようになっていてほしいです。

指導を数回終えた今、教室に通う子どもたち全員がそれぞれやりたいことを持っていると感じています。学生教師やスタッフも、指導中だけでなく指導準備をするときにも「あの子だったらどう思うんだろう」と子どもの顔を想像しながら試行錯誤しています。このように、子ども目線で考え子どもに寄り添う姿勢を大切にしながら、教室目標である「自分を超えて冬につなぐ」を達成できるよう、走り抜けていきたいと思います。

夏期プログラム事後研修の様子

最後に、参加を迷っている学生に一言お願いします!

LFAのプログラムでは子どもだけでなく学生も大きく成長できます。子どもから教えてもらうこともたくさんありますし、同じ教室で活動する学生や、活動をサポートしてくれる職員からも多くのことを学び、刺激を受けています。

もし少しでも教育の現状に対して疑問を持っていたり、子どもたちに関わりたいという気持ちがあるのなら、まずは実際に現場を見てほしいです。そして、そこからさらに自分の理想に向かって行動していってほしいと思います。


■学生ボランティア教師募集中!
Learning for All では現在、冬期プログラムの学生ボランティア、スタッフを募集しています。まずは採用説明会にお越しください。プログラムの詳細及び、説明会予約は以下よりご覧ください。

■参加を迷っている学生向けのLINE@はじめました!
説明会等の情報配信のほか、プログラム参加に関する個別相談も対応しております!

■マンスリーサポーター募集中!
Learning for All ではサポーターを募集しております。
1,000円の寄付で子ども1人に1時間の学習支援が届けられます。
皆さまのご支援が、子どもたちの学習機会の拡大につながります。
皆さまのご寄付は、一人ひとりの子どもたちの未来を作っていきます。
ぜひ、子どもたちの未来を一緒に応援してください。

■社会人向け活動説明会開催中!
Learning for All では月に4回、メディアの情報だけではわからない「子どもの貧困」の実態やLFAの活動について紹介するイベントを開催してます。子どもたちの明るい未来を支えるため、私たちに「今、できること」を一緒に考えましょう。

■職員募集中!
Learning for All では、一緒に働く仲間を募集しております。

関連記事

2018.12.12

【サポーター企業インタビュー】企業とNPOの理想的な連携のあり方とは?

2018.12.11

『「社会を変える」最前線に迫る~教育格差を終わらせる~』LFA活動説明会【限定15名:12月16日(日)】

2018.12.11

【秋期拠点レポート第二弾!】子どもたち自身に成長を実感してほしい