HOME > トピックス > お知らせ > 【新年のご挨拶】謹んで、新春のお祝い申し上げます

お知らせ

TOPICS

【新年のご挨拶】謹んで、新春のお祝い申し上げます

2021.1.1

明けましておめでとうございます。
昨年は沢山の温かいご支援、誠にありがとうございました。

新型コロナウイルスの影響でLFAでは新たな支援の拡充が必要となる中、4月にはマスクや消毒液の寄付の呼びかけを行いましたところ、約1万枚のマスクや大量の消毒液の寄付が届きました。

誰もが経験したことのない不安な状況の中でも、LFAの子どもたちのことを思ってくださる皆様のお気持ちに感銘し、大変勇気をいただきました。

皆様のご支援のおかげで、コロナ禍でも拠点の子どもたちと繋がり、支援を継続することができたと感じております。昨年一年を通じて、改めて多くの皆様の支えを実感いたしました。
ありがとうございました。

本年も、「子どもの貧困」という課題を皆様と一緒に解決していきたいと考えております。
どうぞよろしくお願いいたします。

新年を迎えるにあたって、昨年のLFAの活動報告をさせていただきます。

ー2020年支援状況

咋年は新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中でも拠点の子どもたちと繋がり続けるために、オンライン環境が整っていない家庭には、タブレットやWi-Fiを無償で貸し出すなどの対応を迅速に行いながら、Zoomなどのオンラインを活用し拠点の運営を続けてまいりました。

当初は、オンラインでの支援は子どもたちの気持ちや些細な変化を汲み取ることが難しく感じられましたが、次第にパソコンやタブレットの画面を通して家庭での子どもの様子が分かったり、普段支援拠点に来ることが難しい子どもと繋がることが出来たりと、オンラインならではの良さを見出し、活用することができました。

2020年の一年間で、既存拠点の葛飾区・戸田市・つくば市で、6歳~18歳までの子どもたちへより包括的な支援を行っていくため、拠点機能を拡充するとともに、板橋区でも新たに支援拠点を立ち上げ、現在は計23拠点を運営しております。
(2020年12月現在)

ー新型コロナ緊急支援プロジェクト

新型コロナウイルス感染拡大により、多大な影響を受けている子どもたちやその家庭を支えるため、2020年4月より「新型コロナ緊急支援プロジェクト」を立ち上げました。

子どもや保護者へ行ったアンケート結果を踏まえ、
生活物資支援
②保護者の相談支援
③オンライン/オフライン支援
④全国学習支援団体へのノウハウ発信
の4
本柱の支援を実行してまいりました。

4本柱の支援の実施状況は以下の通りです。

【生活物資支援】
150世帯、1,036回の支援実施

【保護者の相談支援】
1,800回の支援実施

【オンライン/オフライン支援】
◉オンライン支援 1,669回
◉オフライン支援 1,424回

【全国学習支援団体へのノウハウ発信】
30団体へe-learning、72名へ研修を実施

(2020年11月現在)

参考資料:新型コロナウイルス感染拡大によるニーズ把握のための子ども・保護者アンケート
第1回
第2回

沢山の方々のご支援により、このようなプロジェクトを実現することができました。

ありがとうございました。

ー皆様からのご支援

サポーターの寄付登録者数は2019年末では約1,000名でしたが、2020年12月末時点では2,000名以上となり、1年間で新たに1,000名ほどの仲間が増えました。
(2020年12月25日現在)

また、上記「新型コロナ緊急支援プロジェクト」を実施するにあたり、団体として初めての試みであるクラウドファンディングを立ち上げ、支援金を募ったところ、5月22日から7月5日の約1か月半で571名の方から、総額12,406,095円のご支援をいただきました。

その他にも、沢山のマスクや消毒液の物品寄付をいただきました。誠にありがとうございました。

ーオンラインイベント

昨年はオンラインという環境下を活用し、これまで直接お会いする機会が少なかったサポーターの皆様と、Zoomを通してオンラインイベントを数多く実施いたしました。

・全14回のオンラインイベント
4月から約5ヶ月に渡ってほぼ毎週オンラインイベントを開催し、サポーターの皆様には学習支援や居場所支援をはじめ、LFAの各部門の活動や、コロナ禍での拠点の状況についてお話しさせていただきました。

イベントを通して、サポーターの皆様の質問に答えたり、意見を聞くことができ、さらにオンライン交流会の実施や、LFAカレンダーの制作といった新たな取り組みにもつなげることができました。

・「LFA大感謝祭」
日頃ご支援いただいているサポーターの皆様に感謝の気持ちを伝える年に1度のイベントです。これまで例年はオフラインで実施しておりましたが、2020年はオンラインにて実施し、全国各地から総勢120名ほどのサポーターの方にご参加いただきました。

活動実績の報告や、これからの展望をお伝えするとともに、現役の大学生ボランティアとアラムナイ(ボランティア卒業生)のトークセッションなども実施いたしました。

・「地域でつくる子ども包括支援」
12月に約300名の方にご参加いただき、オンラインイベント「地域でつくる子ども包括支援」を開催しました。イベント内ではLFAが2018年から取り組んできた、困難を抱える子どもと早期に出会い・つながり・その子に合った支援を届ける「地域でつくる 子ども包括支援」について、これまでの実践を報告するとともに、これからの支援のあり方について様々な方面で活躍するゲストと共に議論を交わしました。

イベント終了後には、これまでの活動で見えてきた課題や、それに対するLFAの取り組みに関してまとめた「課題の報告書」を皆様に配布させていただきました。

交流を通じて、心の距離が少しばかり縮まったように感じられました。

参考資料:「課題の報告書」https://learningforall.or.jp/topics/event/event1212_hakusho/

ーメディア掲載

昨年は新型コロナウイルスの影響により、「ひとり親世帯」「教育格差」への関心が向けられ、朝日新聞、NHKなどをはじめとした多数のテレビ・新聞・メディアへの掲載を通じて、Learning for All の活動を多くの方々に知っていただくこともできました。

多数掲載いただいた中から、特に反響の大きかったものを3つ、ご紹介させていただきます。

①「フロントランナー」https://learningforall.or.jp/topics/news/asahi_frontrunner/

4月25日朝日新聞の週末別刷『be』の「フロントランナー」というコーナーでご紹介いただきました。
一面に大きく掲載され、全国にLFAの活動を知っていただく機会となりました。

②「ウワサの保護者会」
https://learningforall.or.jp/topics/news/uwasanohogoshakai/

8月15日のNHK Eテレ「ウワサの保護者会」でLFAの支援の様子をご紹介いただきました。
代表 李のインタビューをはじめ、学習支援現場の様子も取り上げていただきました。

③BSフジ「#ゆとりずむ」
https://learningforall.or.jp/topics/news/bsfuji_utorism/

12月12日BSフジで放送された「#ゆとりずむ」にLFA代表 李がゲスト出演しました。
教育界で課題解決に向けて活動するゆとり世代のゲストの方々と、日本の教育について議論しました。

最後に、LFAスタッフから皆様に動画やコメントにてメッセージをお送りいたします。

代表 李 炯植
上記より動画をご覧くださいませ。

子ども支援事業部長 入澤 充

新年明けまして、おめでとうございます。
平素より Learning for All をご支援いただきまして、誠にありがとうございます。

2020年は皆さまからのご支援により、コロナウイルス感染拡大という未曾有の状況においても、継続して350名以上の現場の子ども達に支援を届けることができました。

また、コロナ緊急支援として、食料などの支援物資の配送、保護者への相談支援、オンラインでの支援の実施など新たな取り組みを迅速に実行することができました。

2021年は、引き続き「子どもの貧困の本質的解決」を目指して、今まで支援を行ってきた葛飾区、戸田市、つくば市の3つの自治体、そして新たに板橋区を加え、合計4つの自治体で500人のお子さんに対して、質の高い支援を届けます。

また、上記の4つの自治体において、子ども支援の生態系モデルをより良くするために、地域の学校や支援者、行政との連携をより深めることに挑戦していきたいと思います。

引き続き、温かく見守っていただけますと幸いです。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします

コミュニティ推進事業部長 石神 駿一

あけましておめでとうございます。
平素よりLearning for All をご支援頂き、誠にありがとうございます。

2020年はコロナウィルスに振り回された1年となりましたが、サポーターの皆さまのお陰で子どもたちに継続して支援を届ける事ができました。

4月、5月は先が見えず絶望しておりましたが、マスクや消毒液のご寄付、クラウドファンディングのご支援など、皆さまから想いを託して頂き、勇気を頂きました。

誰もがコロナウィルスの影響を受けて大変な中、子どもたちや我々の団体のことを気にかけてご支援頂き、職員一同感謝しております。

そして、わたしたちには一緒に戦ってくれる大勢の仲間をいることを改めて体感し、心強く思っております。

コロナは依然として困難を抱えた子どもたちに多大な影響を与えています。
子どもの「声」に耳を傾け本当に必要な支援を届けるため、これからも子どもたちに全力で向き合ってまいります。

皆さまに託して頂いた想いに応え、子どもの貧困問題の本質的解決に向けて邁進して参ります。

2021年も引き続き、ご支援のほど宜しくお願い致します。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


最後に、本年最初のオンラインイベントのお知らせです。

上記でもご紹介させていただいた、新型コロナ緊急支援プロジェクトの成果報告会を1月17日に実施させていただきます。
下記よりお申し込みいただけますと幸いです。

◆イベント名:新型コロナ緊急支援プロジェクト成果報告会
◆日程:1/17(日)15:00-17:00(途中入退室可能)
◆場所:オンライン(Zoom)
※Zoomが初めての方にも操作方法などをご案内しますので、

ぜひお気軽にご参加くださいませ!

◆参加費:無料
◆参加方法:下記フォームよりお申し込みください(所要時間:1分)https://forms.gle/fEf3weKZs8gdELmt7

※お申込いただいた方に、当日までにZoomのURLをお送りします。


すべての子どもたちが自分の可能性を信じ、 自分の力で人生を切り拓くことのできる社会の実現を、今後もLearning for All は目指して活動してまりいます。

関連記事

2021.1.20

日本経済新聞 朝刊「Game Changer-挑戦者たち-」に代表 李のインタビューが掲載されました

2021.1.19

【LFAサポーターインタビュー vol.1】ビジネスから離れ、今度はソーシャルセクターで、「自分にできることを」

2021.1.18

コロナの今こそ子どもたちと一緒に