HOME > トピックス > お知らせ > 「生活困窮者自立支援法に基づく子どもの学習支援事業にかかる事業者選定に関する要望書」を取りまとめ、厚生労働省に説明させていただきました

お知らせ

TOPICS

「生活困窮者自立支援法に基づく子どもの学習支援事業にかかる事業者選定に関する要望書」を取りまとめ、厚生労働省に説明させていただきました

2020.2.17

 Learning for All (以下、LFA)代表・李も理事を務める「全国子どもの貧困・教育支援団体協議会」は、会員団体での討議を重ね、子どもの貧困解決に向けた施策として多くの自治体で実施されている「生活困窮者自立支援法」に基づく学習支援事業における事業者選定について、「生活困窮者自立支援法に基づく子どもの学習支援事業にかかる事業者選定に関する要望書」として取りまとめました。

 そして2020年2月12日に厚生労働省 生活困窮者自立支援室の吉田昌司室長に対して、同要望書の内容についてご説明させていただきました。子どもの貧困解決に向けた学習支援の取り組みについて、より一層のご理解とご協力をお願いしてまいりました。是非、皆様にも要望書の内容をご一読いただけましたら幸いです。

詳しくは下記からご覧くださいませ。
http://kyoikushien.net/news/news-741/

LFAは「子どもの貧困」をテーマとした講演会やワークショップを、企業などに赴き積極的行っております。「子どもの貧困」って具体的にどういう課題なのかわからない、LFAが行っている支援の現場を見てみたい、実際に子どもたちと接している人たちから現場の声を聞いてみたい、などの要望や興味がありましたらぜひお問い合わせください。

■お問い合わせはこちら https://learningforall.or.jp/contact/

■社会課題に挑む、学生ボランティア・インターン募集中!
Learning for All では学習支援居場所支援の2つのプログラムで参加学生を募集中です。プログラムへの関わり方もボランティアとインターンの2種類ご用意しています。
まずは以下の画像から、子どもの貧困やLFAの事業内容・プログラムについて説明した動画をご覧ください。

■参加を迷っている学生向けのLINE@やってます!
説明会日程やブログ更新の情報配信のほか、プログラム参加に関する個別相談も対応しております。

■マンスリーサポーター募集中!
Learning for All ではサポーターを募集しております。
1,000円の寄付で子ども1人に1時間の学習支援が届けられます。
皆さまのご支援が、子どもたちの学習機会の拡大につながります。
皆さまのご寄付は、一人ひとりの子どもたちの未来を作っていきます。
ぜひ、子どもたちの未来を一緒に応援してください。

■社会人向け活動説明会開催中!
Learning for All では月に4回、メディアの情報だけではわからない「子どもの貧困」の実態やLFAの活動について紹介するイベントを開催してます。子どもたちの明るい未来を支えるため、私たちに「今、できること」を一緒に考えましょう。

■職員募集中!
Learning for All では、一緒に働く仲間を募集しております。

関連記事

2020.9.19

【学生スタッフインタビュー】「僕らは補助輪。胸を張るのは子どもたち。」

2020.9.18

【活動レポート】支援物資を必要としている家庭へ配布しております

2020.9.14

三菱UFJフィナンシャル・グループ様の寄付対象団体にLearning for All が選ばれました