HOME > 子どもの貧困の実態を知るための活動説明会

 

 

「7人に1人が貧困状態」、それだけではわからない「子どもの貧困」の実態があります。
子どもたちの明るい未来を支えるため、私たちに「今、できること」を考えましょう。

 

 

※この説明会は社会人の方が対象となります
※大学生の方は子ども支援ボランティアにご参加ください

 

 

 

 

現在日本の「7人に1人の子どもが貧困状態にある」、最近本やメディアでも、このようなデータについて
多く取り上げられるようになりました。しかし、この数字からどんな実態を想像することができるでしょうか。

 

東京都に住む中学3年生の女の子。母親と弟2人との4人家庭で生活保護を受けながら暮らしています。
小学校の時には両親の離婚により苗字が4回変わりました
苗字がコロコロ変わることで学校ではひどいいじめにあい、不登校気味になってしまいました。

 

そのため、読めない漢字や苦手な計算が多くあります。
さらに、小学校高学年の時には同居していたおじいさんからのDVを受け、夜逃げ同然で現在の家に引っ越してきました。
自己肯定感も低く、「自分はダメな人間だ」「うちは貧乏だから」 と否定的な発言が多くなっています。

 

◆学習支援プログラム以前に受けた学力診断テスト
 – 計算方法が全く身についていない。

 – 中学校三年生にして、アルファベットを全て書くことができない。

 

母親が精神的に不安定なため、 家事をしたり、 幼い二人の弟の面倒をみなければならず、家庭で勉強する時間は取れません
このような生活が続く子どもは、中学3年間で学年最下位でした。

 

このように現在、経済的な理由で様々な困難を抱えている子どもは約150万人います。
そして、子どもが抱える困難は、保護者や家庭環境の問題、つまり「自己責任」として見過ごされています。
生まれた環境により、子どもの人生が大きく左右されている。その子どもの多くが、社会から置き去りにされている
そういわざるを得ない現状が、確かに存在します。

 

活動説明会では、そのような「子どもの貧困」の本やメディアの情報だけではわからない実態について、
私たちが支援をした子どもの事例を交えながら、一からわかりやすく、丁寧にご説明させていただきます。

未来の担い手である子どもたちのために、私たちに「今、できること」を一緒に考えませんか?

 

 

 

 

イベントの前半では、子どもたちと長年向き合ってきた、 Learning for All の職員が登壇します。
「子どもの貧困」について、初めてイベントに参加する方にもご理解いただけるよう、
統計データだけではなく、
実際に支援をした子どものエピソード
を交えながら、丁寧にご説明させていただきます。

 

また「子どもの貧困」の根本的な解決を目指す「学習支援事業」「子どもの家事業」「子ども支援の生態系モデルの構築」
をはじめとする、 Learning for All の事業内容についても、お話します。

 

 

イベントの後半では「寺子屋体験記」と題して、実際に学習支援プログラムに参加し、
困難を抱える子どもと向き合った経験のある大学生が登壇し、
現場にどんな子どもたちが通ってきているのか
、その子どもとどのように向き合い、子どもと自身がどのように変化していったのかについて、
より詳しくお話させていただきます。

 

「子どもの貧困」問題について理解を深め、困難を抱える子どもたちのために、私たちに「今、できること」を一緒に考えましょう。

 

 

 

 

コミュニティ推進部/江里口泰子
「すべての子ども達が希望をもって暮らせる社会を実現したい」
立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程修了。中学生時の授業で見た海外の映像をきっかけに貧困に関心を寄せるようになり、学生時代には貧困と子どもをテーマに学ぶ。卒業後大手小売業の会社に就職。店舗運営、新卒採用を経験の後、縁あって2019年6月よりLFAに入職。Learning for Allでは学生採用を主に担当。関わる人々を増やし、子ども達が将来を楽しみに暮らせる世の中を作っていきたい。

 

 

 

 

 

 

イベントのお申込は毎回限定15名、先着順での受付となっております。開催日程を確認の上、
お早目のお申込を宜しくお願い致します。

「子どもの貧困」の解決のため、問題への理解を深め、
私たちに「今、できること」を一緒に考えましょう。

 

 

【開催日程】

10月19日(土)13:00~15:00
(参加お申し込みが定員に達しました)
10月26日(土)13:00~15:00

 

開催場所:東京都新宿区新宿五丁目1番1号ローヤルマンションビル404号室
https://learningforall.or.jp/access/

 

 

 

 

 

 

 

「すべての子どもたちが自分の可能性を信じ、自分の力で人生を切り拓くことのできる社会を実現する」ため、
一人ひとりの学習進度や家庭環境に合わせた支援を提供し、自立するための力を育てる
「学習支援事業」、
及び低年齢のうちから、学習面だけでなく生活面を含めた包括的な支援を提供し、安心できる居場所をつくる「子どもの家事業」
を提供しています。
そして、課題と直接向き合った経験を通じて、
「社会課題を解決する人材」を育成・輩出し、
社会課題の包括的な解決を目指すNPO団体です。

 

《メディア取材》 

(その他:読売新聞、毎日新聞、産経新聞、AERAなどに掲載)

 

《表彰歴・サポーター企業・団体様》

(その他:東京都北区「改革プラン」ベスト1受賞、大和証券「輝く未来へ 子ども応援」助成団体に選出)