菅総理と面会し政策提言をしました

最新のお知らせ
image


3月27日(土)にLearning for All(以下、LFA) 代表 李が菅総理と面会し、直接総理へ「子どもの貧困」に関する政策提言をしました。


※参考:

首相動静
(3月27日)

これまでLFAが行ってきた活動を通して見えた課題感や、それに対する解決策を中心に、今の社会情勢を睨んで下記の通り大きく3つの提案をしました。


1:多くの子に支援が届くよう、支援の量を確保すること

 

2:困難な子どもへのアウトリーチを強化すること

3:地域の子ども支援の担い手を増やすこと


「短い面会時間の中で、国・政府レベルで取り組むべきことに限定して発表を行ったところ、総理も終始丁寧に聞いてくださり、この問題に関心を持っている様子だったことが印象的でした。」
と、菅総理との面会の印象を李もこのように述べました。

一人の子どもに向き合い、そして社会のシステムを変えることを、これからもこの両輪を回して、LFAでは子どもの貧困に本質的解決に向けてチャレンジし続けていきます。


LFAでは皆さまよりいただいたあたたかいご支援を、子どもたちが勉強や日常生活を身に着け、社会に羽ばたくための支援資金として使わせていただいております。

もし私たちの活動を応援いただけるようでしたら下記ページをご覧くださいませ。

■寄付ページはこちら
http://learningforall.or.jp/support/

そして「子どもの貧困」をテーマとした講演会も、企業などに赴き積極的に行っております。ご興味がありましたらぜひお問い合わせください。

■お問い合わせはこちら
https://learningforall.or.jp/contact/