【活動報告】2021年度春プログラム事前研修を行いました!

活動レポート
sotsugyokinen1

皆さんこんばんは、学生採用インターンのみゆです!

今年は例年よりも早く梅雨の季節を迎えましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

Learning for All (LFA)は先日、5月15日(土)、16日(日)に春期プログラムの事前研修を行いました。

なお、コロナウイルス感染拡大防止のため、Zoomを使用したオンライン研修という形で実施いたしました。

 

この事前研修は2日間にわたって実施され、プログラムに参加する学生ボランティアに対して、困難を抱える子どもたちを指導するのに必要なスキルとマインドセットを身につけてもらうことを目的としています。

また、LFAでは、e-learning による事前学習を導入しており、学生教師は事前に講義動画を視聴し、研修の場ではワークを中心に行う形式としています。そのため、研修ではより深く実践的な学びを提供することを目的としております。

事前研修初日には、 LFA の現場から見た教育格差の現状と目指すビジョン、子どもとのコミュニケーションの技法、学びと成長を続けるための振り返りの方法、リーダシップについてなど幅広い内容を扱います。その全てが、子どもたちの大きな成長を促すために必要なものです。

事前研修2日目には、各現場の拠点情報や生徒情報の共有、子ども目線での指導案や教材の書き方、そして指導のロールプレイ等、より実践的な内容を扱います。初日の学びを深め、現場ですぐに活きるようにすることが狙いとなっています。

 

今回は事前研修の2日目に参加し、見学した内容についてお伝えしていきます。

各拠点ごとにオンライン上でグループ分けされた学生ボランティアたちは、教室運営スタッフたちの用意したプレゼンテーションを熱心に聞き、その拠点の特性やその拠点に来てくれる子どもたちについて学びを深めることで、拠点全体としての目標や課題意識の共有を行いました。

また、プレゼンテーション後の時間では、自身の感銘を受けた言葉や心が動いた言葉についてしっかりメモを取り、それぞれの感想を話し合っていました。

「目の前の子どもたちにどんなことを届けたいのか」ということを、より一層深く考え、今後指導する上での準備が整ったのではないでしょうか。

Learning for All の現場を支えるのは常に情熱と強い責任感を持った学生教師・学生スタッフです。今期、春プログラムは約70名ボランティアが子どもたちと向き合います。

Learning for Allに関わるメンバー一同、これからも子どもたちに支援を届けるために頑張ってまいります!

現在、LFAでは夏プログラムに参加するボランティアを募集中です。一緒に活動してみたい!と思った方は、是非エントリーお待ちしています!

 

■社会課題に挑む、学生ボランティア・インターン募集中!
Learning for All では学習支援居場所支援の2つのプログラムで参加学生を募集中です。プログラムへの関わり方もボランティアとインターンの2種類ご用意しています。
まずは以下の画像から、子どもの貧困やLFAの事業内容・プログラムについて説明した動画をご覧ください。

■参加を迷っている学生向けのLINE@やってます!
説明会日程やブログ更新の情報配信のほか、プログラム参加に関する個別相談も対応しております。

■マンスリーサポーター募集中!
Learning for All ではサポーターを募集しております。
1,000円の寄付で子ども1人に1時間の学習支援が届けられます。
皆さまのご支援が、子どもたちの学習機会の拡大につながります。
皆さまのご寄付は、一人ひとりの子どもたちの未来を作っていきます。
ぜひ、子どもたちの未来を一緒に応援してください。