子どもたちの成長

LFAでは、これまでに3,000人以上の子どもに学習機会を提供してきました。

★子ども 

Learning for Allのプログラムを通じて、子どもたちは様々な成長、変化を見せてくれています。
全体としても学力や学習意欲は大きく向上しています。
また、教師との関わりの中で夢を見つけ、プログラム終了後も飛躍的に成績が伸びた子どももいます。

過去に教師が体験した、「子どもの成長」エピソードを、
教師が話してくれた内容をそのまま紹介します。


子どもが夢を見つける

★子どもが夢を見つける(TFJの文字を要加工)

その子は、母子家庭に育ち生活保護を受けている家庭で生活経験に乏しかったため、
大人や同年代の子どもを少し怖がっていました。

LFAの教室に来ること自体にハードルを感じていて、教室に入って来てもそわそわしてしまう。
人が大勢居る場自体に苦手意識を抱いてしまい、人と目を見て話すことが出来ないような子でした。

勉強は英語も数学も小学校レベルから躓いており、
be動詞の使い分けや分数の足し算から間違えることが多々有るような学力。
そのため学校でも褒められること自体少なく、成功体験に恵まれていない様子でした。

まず、その子は教室に誰よりも早く来て先生と楽しそうに話すようになりました。
すると学力も面白いように上がっていき、
学校のテストで平均点を超えられるようになっていったのです。

そして何よりの変化は人前で堂々と振る舞えるようになったことです。
学校の授業中に挙手して発言するようになったことに始まり、
スピーチ大会に立候補しスピーチするなど持ち前の前向きな姿勢を発揮するようになります。

更には将来に対しても具体的な夢を持つようになり、
現在では将来学校の先生になること、特にLFAの教室で得意になった国語の先生になることを志望しています。

>>Next Page:「出来る」という体験をする

ページ:

1

2 3
ページ上部へ戻る