HOME > 活動紹介 > 子どもの家事業

安心できる居場所をつくる

子どもの家事業

ACTIVITY

より低年齢のうちから、
学習面だけでなく生活を含めた
包括的な支援を。
子どもの家は、
様々な困難を抱える子どもたちにとって
安心できる「第三の居場所」です。

知識と経験が豊富なスタッフが、
健やかに育つ生活リズムづくりや
バランスのよい食事を提供し、
学ぶ意欲を育む環境を整えることで、
子どもが自立する力を育てることを
目指しています。

Learning for All の子どもの家は、
日本財団が全国100カ所に設置を目指す
「子どもの貧困対策プロジェクト」の
モデルとなる第1号拠点。
専門家の協力を得て
子どもの中長期的な変化を検証し、
子どもの貧困に有効な解決策の
具体化にも取り組んでいます。

提供日数
平日週5回
提供時間
14時〜21時
対象生徒
小1〜小3(13名 ※2018年1月時点)
支援内容
生活指導食事提供
遊び支援学習支援

子どもの家での一日

15:00〜17:30
自由遊び
17:30〜18:30
学習・読書
18:30〜19:30
食事準備・食事・歯磨き
19:30〜21:00
自由遊び・順次帰宅

貧困の連鎖をなくすために

子どもたちの将来の自立を実現するためには、学習の機会だけでなく基礎的な生活習慣を身につける場や信頼できる大人の存在などを社会が提供していく必要があります

子どもの家では、この貧困の連鎖を止めるために、基本的な生活習慣や学習習慣を身につけます。一人ひとりに合わせた支援計画を立て、知識と経験が豊富なスタッフが支援にあたっています。

地域の子ども支援機関と連携しています

地域のこども支援機関と連携 地域のこども支援機関と連携

支援の必要な子どもたちに確実にアクセスするために、学校や福祉機関・商業施設など様々な地域ステークホルダーと情報を共有。地域一丸となって子どもたちを見守るシステムができ始めています。

子どもたちの成長

  • 入浴の習慣のなかった児童が、自分から進んでシャワーを浴びたいと言うようになりました。
  • 学習習慣の全くなかった児童は、家で自分からプリントを開くようになりました。
  • 他の生徒や大人に対して暴力や暴言が絶えなかった児童が、それまで暴言を向けていた他の児童と仲良く遊び、気遣うようになりました。

事業の成果を検証し、全国へ

子どもの家事業の成果は、主観ではなく、客観的なエビデンスに基づき、専門家の協力を得ながら効果を検証します。これにより、子どもの貧困への有効な解決策を全国へ広めていきます。

困難を抱えた子どもたちには、
信頼できる大人との出会いや
自立に向けた第一歩を踏み出せる環境が必要です。
LFAは子どもたちと一緒に過ごし、
安心できる居場所づくりを支えてくれる
学生ボランティアを募集しています。

学生ボランティア募集