HOME > トピックス > 活動レポート > 【活動報告】冬期プログラムの中間研修を行いました!

お知らせ

TOPICS

【活動報告】冬期プログラムの中間研修を行いました!

2021.2.19

皆さんこんばんは、学生採用インターンのみゆです!

だんだんと寒さが緩み始め、春めく気配を感じる今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

Learning for All (LFA)は先日2/14(日)に冬期プログラムの中間研修を行いました。今回は学習支援の研修の様子をお伝えします。

なお、今回もコロナウイルス感染拡大防止のため、Zoomを使用したオンライン研修という形で実施いたしました。

 

中間研修では、子どもの貧困への学びを深め、学生ボランティア一人ひとりが自分自身を見つめ直すワークを中心に行いました。

自身のビジョンを再確認するワークの時間では、共有の方法はそれぞれ特色があったものの、お互いに質疑応答することによって、さらに考えを深めていたようでした。

 

ワーク中には、「自分自身のビジョンを言語化することで、子どもたちに対する今後の関わり方についても明確になったように思う」という声や「拠点のメンバーのビジョンを知ることで、想いや参加動機が異なる仲間の価値観や経験を共有することができたと思う」という声などを聞くことができました。

 

今回の研修は、学生ボランティアたちにとって、子どもたちにこれからどんなことを届けていきたいかを改めて確認したとともに、チームとしての今後のあり方も考え直すきっかけになったのではないでしょうか。

 

「コロナの状況下でどのような支援が自分にできるのか。」

そんな不安を抱きつつも、参加を決意し子どもと関わり始めたボランティア教師たち。

毎週子どもたちと時間を過ごし、対話し、指導する中で新たな視点や考えを得ていたようでした。

 

自粛期間が長引く中、不満や不安が募り、子どもたちの支援に関わる一歩を躊躇っている方もいるかもしれません。

しかし、こんな世の中だからこそ、皆さんの支援は子どもたちにとって本当に必要不可欠となってきています。

LFAでは一緒にボランティアをする仲間を求めています。

現在、春期プログラムのボランティアを募集中です!

少しでも関心がある方、エントリーをお待ちしております!

■社会課題に挑む、学生ボランティア・インターン募集中!
Learning for All では学習支援居場所支援の2つのプログラムで参加学生を募集中です。プログラムへの関わり方もボランティアとインターンの2種類ご用意しています。
まずは以下の画像から、子どもの貧困やLFAの事業内容・プログラムについて説明した動画をご覧ください。

■参加を迷っている学生向けのLINE@やってます!
説明会日程やブログ更新の情報配信のほか、プログラム参加に関する個別相談も対応しております。

■マンスリーサポーター募集中!
Learning for All ではサポーターを募集しております。
1,000円の寄付で子ども1人に1時間の学習支援が届けられます。
皆さまのご支援が、子どもたちの学習機会の拡大につながります。
皆さまのご寄付は、一人ひとりの子どもたちの未来を作っていきます。
ぜひ、子どもたちの未来を一緒に応援してください。

関連記事

2021.2.21

【学生スタッフインタビュー】「自分にしかできない方法で格差に苦しむ子どもを支援したい」

2021.2.17

【メディア掲載】信濃毎日新聞で活動と職員インタビューが掲載されました

2021.2.16

【LFAサポーターインタビュー vol.7】人生の節目を前に「これからはもっと、世の中で大変な思いをしている人に目をむけたい。」