HOME > トピックス > インタビュー > 【居場所支援ボランティアインタビュー】子どもと大人が一緒に成長する「みんなの居場所」

お知らせ

TOPICS

【居場所支援ボランティアインタビュー】子どもと大人が一緒に成長する「みんなの居場所」

2019.7.7

こんにちは。今日は、Learning for All(以下LFA)居場所支援拠点ボランティアインタビュー、今回は立教大学2年の高井花菜(たかい かな)さんにお話を聞きました。高井さんは、2018年春期プログラムに居場所支援拠点ボランティアとしてLFAに参加し、現在も居場所支援拠点で活動しています。いつかは自分が社会資源のプラットフォームになりたい!と語る高井さんの声をぜひご覧ください!

LFAに参加した理由を教えてください

 もともと教育問題に強く関心があり、特に、子どもの貧困についてよく調べていました。そんな時たまたま見つけたのがLFAの記事で、第一にLFAの理念に深く共感し、またLFAの充実した研修制度のもとなら自分も成長できるかもしれないと感じ、「ここで学びたい!」とすぐに参加を決意しました。今もボランティアをしているという感覚はなく、たくさんの学びを得られる場と思って参加しています。

また、居場所支援プログラムに参加したのは、子どもにとって一番大切なのは生育環境だと考えていたからです。以前、小学生から高校生までの障がいを抱える子どもたちが通う放課後デイサービス施設でボランティアをしていた際に、「支援は早ければ早いほど効果的」ということを、様々な点から感じていました。そこで、幼いうちから身につけるべきこと・伸ばしてあげられることに自らが寄り添うことでサポートしたいと考え、学習支援よりも対象年齢が低く、より子どもの生活を包括的に支援できる「第三の居場所」であることに惹かれ、居場所支援拠点への参加を決めました

 

LFAに参加する前と今で一番変わったのはどのようなところですか?

 子どもたちのための居場所が、気がついた時には私にとっての居場所にもなっていたことです。

 これまで、様々なコミュニティに所属することはあっても、家庭と学校以外の場所を自分の居場所だと考えたことはありませんでした。しかし、子どもの家でボランティアをする中で、この場所が安心できて、素直になれて、自分らしくいられる私の居場所でもあるんだと感じました。この温かい環境のおかげで、私が特に苦手としていた「人に頼る」ことと「自分を認める」ことの2つを少しずつ出来るようになりました。例えば、子ども同士の言い合いなど、対応に困ってしまう場面に遭遇した時、以前だったらきっと一人で悩み込み、自分を情けないと責めていたと思います。けれど今では「精一杯考えた、やれることはやった!」とポジティブに捉え、恥ずかしがらず積極的に職員のスタッフや他の学生ボランティアに助けを求めたり頼ったりすることができるようになりました

 このことから、チームで協働することで人手やアイデアの不足を補い合い、子ども一人一人に寄り添うことが出来るということを学べました。私にとってLFAの居場所支援の拠点は、みんなの心の拠り所であり、みんなで一緒に成長できる、そんな「みんなの居場所」です。

居場所支援拠点で活動する中で、一番印象に残っている出来事を教えてください

 Aちゃんと喧嘩した日のことがとても印象的です。彼女は気が強く、負け嫌いで、何より素直に謝ることが大の苦手であり、私とはよく衝突をしていました。その日も突然機嫌を損ねては「もういい、あっち行け」と私に怒りをぶつけて来て、私は「Aと楽しく遊びたかっただけなのに、そんな言い方されたら悲しくなるし、傷つくよ。言われた通りあっち行くけど、もし嫌なことがあったならかなちんに言ってね。聞くからね。」と伝え、その場を去りました。

この時はAちゃんがなぜ怒っているのかが分からなかったため、本当に心から悲しい気持ちになり、とっさに強い口調で言ってしまったのです。正直「素直に言いすぎたかな、、」と反省していました。すると、何分もしないうちにAちゃんが私のところへ来て、自分から謝ってきたんです。私の知る限り、彼女が誰からも促されずに自分の非を認めて謝るなんて、本当に珍しいことでした。そのためAちゃんの「ごめんね」にびっくりして、私はつい「ありがとう」と言ってしまったのですが、それに対してAちゃんは笑いながら「どういたしまして、でしょ?(笑)」と。(笑)その後、私たちどっちも不正解じゃん!!!と気付き、とても平和な仲直りが出来ました。それからAちゃんとは今までよりも思ってることをお互いに話し合える、そんな仲になれた気がします

 今思えば、Aちゃんの家族には5人も兄弟がいるため、家庭内でここまで彼女に口うるさく注意する人も、一対一でじっくり誰かと向き合うという時間もないのかもしれません。そう思うと、私が彼女のためを想い、「出来るはず」と彼女のことを本気で信じて何度も衝突したあの経験は無駄ではなかった、と思います。

 また、私自身もこの経験を通じて、子どもを信じることができる、信じているからこそ子どもと何かある度に感情が揺れ動くのだ、と気が付きました。今では子どもと関わっている瞬間が、私が自分に一番正直に生きている瞬間だとさえ感じています。そのため、この出来事はAちゃんの成長も、自分自身の成長も感じることの出来た貴重な経験として印象に残っています。

LFAで達成したいことは何ですか?

 大きく分けて2つあります。

 1つ目は、子どもたちが自分を自由に表現できる、素でいられる空間を作ることです。学校でも家庭でもない第三の居場所だからこそ、「安心できる居心地の良さ」や信頼できる大人に見守られて「子どもが子どもらしくいられる時間」というのを大切にしたいと考えています。そうすることで、子ども自身が、自分のありのままを受け入れられるような経験をし、自己肯定感を育んでいけたら嬉しいです。そのために、子どもたちに「ちゃんと見てるよ」と伝わるような言動や、どんな時も子どもたちを温かく受け止められるような雰囲気作りを心がけ、信頼関係を築いていきたいと思います。

 2つ目は、将来的に活用できるコネクションを作ることです。私は将来ソーシャルワーカーになるために大学では福祉を専攻しています。福祉の問題は、様々な要因が複雑に絡み合って発生していることが多いと感じるため、社会資源や専門知識を最大限に活用するだけでなく、多種多様な社会資源同士のつながりを生み出していくことも必要不可欠だと考えています。そのため、いつかは自分が社会資源のプラットフォームになる!という大きな野望(笑)を密かに抱えながら、まずは、私自身が色んな人と出会い繋がっていくことを大切にしたいと思います。

 私がこれまで出会ってきたLFAに関わる人たちは、それぞれ進む道は違っても、子どもと真に向き合い、子どものことを本気で考え行動できる人しかいません。そんな素敵な人たちと少しでも多くの出会いを果たし、繋がり続けられたらいいなと考えています。

 

最後に、参加を迷っている学生に一言お願いします!

ここまでお話ししてきたように、LFA は子どもと真に向き合う中で自分ともとことん向き合うため、どんな学生も子どもと共に成長出来るという点が最大の魅力です。こんなにも素晴らしい環境はオススメでしかありません!

 またLFAの居場所支援拠点では、座学では学ぶことのできない、現場でしか学ぶことのできないことが満載で、実際に私はいつもたくさんの貴重な経験をしています。さらに、本気で子どもと向き合う仲間たちから刺激を受けたり、経験豊富な職員とともに活動できる今が、とても幸せです。

このインタビューでは話しきれませんが、居場所支援拠点には本当に様々な子どもがおり、その子どもたちの個性を尊重し、伸ばしていくためにも、子どもたちが多様な大人と出会い、様々な経験をすることが大切だと考えています。そうすることで、多様性を受け入れられる人に育ってほしいと思っています。子どもたちのためにあなたが個性を発揮する場として、是非一歩踏み出してみてください!多くの方の参加を、子どもたちと一緒に待っています。

少しでも興味のある方は、是非説明会や面談会へ足を運んでみて下さい!

 


■社会課題に挑む、学生ボランティア・インターン募集中!
Learning for All では学習支援居場所支援の2つのプログラムで参加学生を募集中です。プログラムへの関わり方もボランティアとインターンの2種類ご用意しています。
まずは以下の画像から、子どもの貧困やLFAの事業内容・プログラムについて説明した動画をご覧ください。

■参加を迷っている学生向けのLINE@やってます!
説明会日程やブログ更新の情報配信のほか、プログラム参加に関する個別相談も対応しております。

■マンスリーサポーター募集中!
Learning for All ではサポーターを募集しております。
1,000円の寄付で子ども1人に1時間の学習支援が届けられます。
皆さまのご支援が、子どもたちの学習機会の拡大につながります。
皆さまのご寄付は、一人ひとりの子どもたちの未来を作っていきます。
ぜひ、子どもたちの未来を一緒に応援してください。

■社会人向け活動説明会開催中!
Learning for All では月に4回、メディアの情報だけではわからない「子どもの貧困」の実態やLFAの活動について紹介するイベントを開催してます。子どもたちの明るい未来を支えるため、私たちに「今、できること」を一緒に考えましょう。

■職員募集中!
Learning for All では、一緒に働く仲間を募集しております。

関連記事

2019.7.22

【活動報告】春期学習支援拠点 事後研修を行いました!

2019.7.22

【大学入試改革と貧困家庭が抱えるハードル】

2019.7.15

【中高生居場所支援拠点オープン!!】〜地域の包括的な支援の第一歩に〜