HOME > トピックス > お知らせ > 日本財団「STARTLINE」の動画プログラムに代表 李が出演しました

お知らせ

TOPICS

日本財団「STARTLINE」の動画プログラムに代表 李が出演しました

2020.12.11

日本財団が主催する動画プログラム「STARTLINE」の中で、『教育の未来地図』というセッションにLeaning for All (以下、LFA)代表 李が出演しました。

本セッションでは、NPO e-Education創業者 税所篤快氏と、学校法人角川ドワンゴ学園経験学習部長 園利一郎氏と一緒に、「withコロナ時代を生き抜く子供たちに求められるのはどんな教育か」というテーマで参加しております。

子どもたちの現状や、LFAが運営する「家でもない学校でもない、第三の居場所」(=居場所支援拠点)の役割についてもお話をさせていただきながら、具体的な子どもの事例を交えながら「これからの時代を生き抜く子どもたちに必要な力」や、「コロナ禍で浮き彫りになった学校の本質」についても話しをさせていただきました。

他ゲストの方々とも積極的に意見交換を行うなど、1時間に及ぶセッションの中で見どころが多くありますので、ぜひご覧くださいませ。

視聴申込はこちらからご覧くださいませ。
※動画を全編閲覧いただくには別途費用(300円)が発生します

◆セッション概要◆
「教育の未来地図~オンラインで広がる教育の選択肢、問われる学校の真価~」

コロナ禍の臨時休校を経て教育におけるオンラインの活用が加速する中で、一斉・一律・対面というこれまでの学校の前提が問い直されています。また、学校外での学習支援や居場所づくり、これまでの学校の型を破るN高校の躍進など、今、多様な子供たちに応じた教育の場が広がりを見せています。withコロナ時代を生き抜く子供たちに求められるのはどんな教育かー教育現場の第一線で活動する人、保護者、そして当事者の子供たちなど、みんなで意見を出し合って「教育の未来地図」を描いてみませんか?

配信期間:2020/12/7 0:00~2021/1/5 23:59
配信時間:60分
閲覧料金:300円
出演者:
NPO e-Education創業者 税所篤快氏
学校法人角川ドワンゴ学園経験学習部長 園利一郎氏
Learning for All 代表:李炯植
「START LINE」特設サイト:https://nf-startline.jp/

視聴申込:https://nf-startline.jp/program/session-edtech/


LFでは「子どもの貧困」をテーマとした講演会も、企業などに赴き積極的に行っております。ご興味がありましたらぜひお問い合わせください。

■お問い合わせはこちら https://learningforall.or.jp/contact/


 

関連記事

2021.1.20

日本経済新聞 朝刊「Game Changer-挑戦者たち-」に代表 李のインタビューが掲載されました

2021.1.19

【LFAサポーターインタビュー vol.1】ビジネスから離れ、今度はソーシャルセクターで、「自分にできることを」

2021.1.18

コロナの今こそ子どもたちと一緒に